屋根塗装に伴う化粧スレート(コロニアル)の葺き戻し


 本日は屋根塗装に伴う化粧スレート(コロニアル)の葺き戻しを行った様子をご紹介します。
化粧スレートはセメントと繊維を混ぜて形成された薄い平板状の屋根材です。一般的にはコロニアルやカラーベストなどと呼ばれることが多いですが全て化粧スレートです。メーカーの商品名やシリーズなのですが現在ケイミュー(旧クボタ)一社だけの生産ですので代表的な商品であるコロニアルやカラーベストと呼ばれているようです。
コロニアル 差替え 葺き戻し
 破損状態です。物が飛んできたのか風に飛ばされたのか2枚が無くなり周りの瓦も割れたりクラックが入っています。補修で治まる状態ではありませんので一帯を剥がして新しい瓦を葺いていきます。
コロニアル 差替え 葺き戻し
 一帯を剥がしてみると中のアスファルトルーフィングが熱で溶けたり劣化で破れています。このまま上に瓦を葺いても染み込んだ雨水が屋根内部に侵入してしまう恐れがありますのでルーフィングも張替えなければいけません。
コロニアル 差替え 葺き戻し
コロニアル 差替え 葺き戻し
 ルーフィングは雨水が内部に侵入するのを防ぐ最後の砦です。ただ傷んだ既存のルーフィングの上に貼り重ねても上から流れてきた雨水は安易に張り替えたルーフィングの下に入り込みますので上端は既存のルーフィングの中に入れ込み下端は既存の上に被せていきます。
これでは横側から入ってきますので最後に全体を覆っていきます。
コロニアル 差替え 葺き戻し
 下から新しい瓦を葺いていきます。最後の段は釘が打てませんのでコーキングを打って固定しておきます。雨水が入ってしまった際に外に流れていく逃げ道がなくなりますので真っ直ぐに縦に打っていきます。
コロニアル 差替え 葺き戻し
 最後に綺麗に掃除すれば完工です。今回は同じ種類の瓦が入手できませんでしたので寸法が一緒のグラッサ600というシリーズを使用していますので柄(模様)が違いますが塗装をしますのでそんなに目立たなくはなります。


最近の台風で物が飛んできたり風で吹き飛んでしまったりと化粧スレート屋根の被害が多く聞かれます。もしかしたら我が家の屋根も…と不安になられたら火災保険で賄える事もありますので雨漏りの被害が大きくならないうちに信頼できる業者に調査を依頼してみてください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

セメント フレンチ 棟取り直し

 国富町Y様邸にてセメント瓦フレンチの棟取り直しを行った様子をご紹介いたします。棟取り直しとは一度ばらした棟を下地などをやり替えてもうう一度積んでいく工事です。雨漏りの原因が棟周辺だったり棟絡みの瓦が明らかに破損している場合などに行う事が多...........

棟板金 交換 コロニアル

 宮崎市大字恒久にてT様邸の棟板金交換を行った様子をご紹介いたします。棟板金は主にコロニアルなどの化粧スレートの屋根やガルバニウム鋼板などの金属系の屋根に用いられ、木や樹脂などの下地を作り固定していきます。今回施工するT様邸は以前塗替え工事...........

漆喰補修 面戸

 宮崎市N様邸にて棟の面戸・取合い漆喰補修をおこなった様子をご紹介いたします。棟の面戸漆喰は桟瓦と棟瓦(のし瓦や冠瓦など)にできる三日月形の隙間を埋めるもので棟の取合いは大棟と隅棟や降り棟、風切丸の接合部分になります。正しく施工されたものは...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん宮崎店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-920-015