都城市下川東にてセメント瓦の釘頭シーリング埋め補修をしました。


先日、都城市下川東のH様宅の外壁・屋根塗装工事が終了しました。

そのお宅の屋根材はセメント瓦で、新築当時に釘を瓦の上に打ち、シーリングで雨水が浸入しないように施工されていました。
そして10数年経過し、シーリングがだんだん劣化し始め、ひび割れが発生し釘部分から屋根に雨水が徐々に入り込んでいるという状況でした。

今回は瓦釘頭シーリング補修施工中の様子をお伝えいたします!

ー施工前ー

IMGP5435-e1555054803578-columns2
施工前、全体写真
IMGP5443-e1555054791346-columns2
セメント瓦拡大写真

拡大写真でお判りいただける通り、シーリングが劣化し瓦から浮いています。
こういった釘が浮いている部分から雨水が浸入していきます。


今回の塗装工事でこの釘頭をシーリングで埋めていきます。

ー施工中ー

602-e1555056054158-columns2
シーリング(オートンイクシード)で浮いている釘頭をすべて埋めていきます。
601-e1555056070471-columns2
完成写真


釘頭を埋めて補修をしたのちに、いよいよ塗装工事を行っていきます。






600-e1555056419537-columns3
下地を塗っていきます。
セメント瓦のザラザラした下地を均し、補強していきます。
材料:マイルドシーラーEPO(エスケー化研)
610-e1555056450226-columns3
次に中塗りです。
塗装1回目になります。
材料:プレミアムルーフSI(エスケー化研)
601-1-e1555056489828-columns3
塗装2回目、仕上げです。

これで屋根塗塗装工事完了です。

塗装工事は下地補修からが大切な工程になります。
もし、こういった補修を怠ると後々不具合が出ることが多々あります。(雨漏れなど)
ましてやお客様が直接見ることができない屋根なので、不安に思われますよね。

屋根の補修工事をされるときは、きちんと施工前の状況・どういった施工をするのかなどの説明
また、施工中の写真・完工後の写真などをしてくれる業者さん選択も大変重要です!


今回は、都城市下川東のH様邸の屋根補修工事・塗装工事をご紹介いたしました。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

セメント フレンチ 棟取り直し

 国富町Y様邸にてセメント瓦フレンチの棟取り直しを行った様子をご紹介いたします。棟取り直しとは一度ばらした棟を下地などをやり替えてもうう一度積んでいく工事です。雨漏りの原因が棟周辺だったり棟絡みの瓦が明らかに破損している場合などに行う事が多...........

棟板金 交換 コロニアル

 宮崎市大字恒久にてT様邸の棟板金交換を行った様子をご紹介いたします。棟板金は主にコロニアルなどの化粧スレートの屋根やガルバニウム鋼板などの金属系の屋根に用いられ、木や樹脂などの下地を作り固定していきます。今回施工するT様邸は以前塗替え工事...........

漆喰補修 面戸

 宮崎市N様邸にて棟の面戸・取合い漆喰補修をおこなった様子をご紹介いたします。棟の面戸漆喰は桟瓦と棟瓦(のし瓦や冠瓦など)にできる三日月形の隙間を埋めるもので棟の取合いは大棟と隅棟や降り棟、風切丸の接合部分になります。正しく施工されたものは...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん宮崎店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-920-015