オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

都城市下川東にてセメント瓦の釘頭シーリング埋め補修をしました。


先日、都城市下川東のH様宅の外壁・屋根塗装工事が終了しました。

そのお宅の屋根材はセメント瓦で、新築当時に釘を瓦の上に打ち、シーリングで雨水が浸入しないように施工されていました。
そして10数年経過し、シーリングがだんだん劣化し始め、ひび割れが発生し釘部分から屋根に雨水が徐々に入り込んでいるという状況でした。

今回は瓦釘頭シーリング補修施工中の様子をお伝えいたします!

ー施工前ー

IMGP5435-e1555054803578-columns2
施工前、全体写真
IMGP5443-e1555054791346-columns2
セメント瓦拡大写真

拡大写真でお判りいただける通り、シーリングが劣化し瓦から浮いています。
こういった釘が浮いている部分から雨水が浸入していきます。


今回の塗装工事でこの釘頭をシーリングで埋めていきます。

ー施工中ー

602-e1555056054158-columns2
シーリング(オートンイクシード)で浮いている釘頭をすべて埋めていきます。
601-e1555056070471-columns2
完成写真


釘頭を埋めて補修をしたのちに、いよいよ塗装工事を行っていきます。






600-e1555056419537-columns3
下地を塗っていきます。
セメント瓦のザラザラした下地を均し、補強していきます。
材料:マイルドシーラーEPO(エスケー化研)
610-e1555056450226-columns3
次に中塗りです。
塗装1回目になります。
材料:プレミアムルーフSI(エスケー化研)
601-1-e1555056489828-columns3
塗装2回目、仕上げです。

これで屋根塗塗装工事完了です。

塗装工事は下地補修からが大切な工程になります。
もし、こういった補修を怠ると後々不具合が出ることが多々あります。(雨漏れなど)
ましてやお客様が直接見ることができない屋根なので、不安に思われますよね。

屋根の補修工事をされるときは、きちんと施工前の状況・どういった施工をするのかなどの説明
また、施工中の写真・完工後の写真などをしてくれる業者さん選択も大変重要です!


今回は、都城市下川東のH様邸の屋根補修工事・塗装工事をご紹介いたしました。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

ee103f136784b35665a09c20ceca2dff

年末年始のお知らせ 拝啓 師走の候、ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。 さて、街の屋根やさん鹿児島店では年末年始の休業日につきまして、下記のとおり休業日とさせていた...........

【宮崎県宮崎市】清武町にある35坪の住宅で屋根をセミフロンルーフ(スレートブラック)で塗装していきます!雨樋上塗り_1_確定

宮崎県宮崎市の清武町にある35坪の広さの住宅で、98平方メートルの面積があるコロニアル屋根をスレートブラックカラーで塗装していく様子をご紹介します。35坪前後の住宅でコロニアル屋根を塗り替えしたいと考えている方には役に立つ事例となるでしょう...........

【宮崎県宮崎市】清武町にある41坪の住宅で屋根をセミフロンルーフ(コーヒーブラウン)で塗装していきます!雨樋上塗り_1_確定

今回は、宮崎県宮崎市の清武町で、41坪の広さがある築13年の住宅でコロニアル屋根をセミフロンルーフ(コーヒーブラウン)で塗装していく様子をご紹介します。40坪前後の住宅のコロニアル屋根を塗り替えしたいと考えている方には参考になる事例ですので...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん宮崎店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-920-015