宮崎市吉村町にてS様邸の外壁塗装に伴う既存シーリング除去


 本日は宮崎市吉村町にてS様邸の外壁塗装に伴う既存シーリングの除去を行ってきました。塗替えの際に既存のシーリングが劣化していたり状態が悪ければ必ず行わなければいけない工程になります。劣化や状態の悪い例としては、シーリングの中央部に亀裂が入った破断、シーリングと躯体に隙間が空く剥離などがあげられます。破断はシーリング自体の劣化であり寿命、剥離は施工時のプライマー(接着剤の役割をもつ塗布剤)の塗り忘れや3面接着などによって起こります。3面接着とは、窯業系サイディング壁のシーリングが左右の躯体に接着する2面接着が基本に対して、奥の面にも接着してしまい、本来微かな動きに対応し揺れなどの衝撃を緩和させなければいけないところを3面が繋がる事で衝撃をうまく緩和出来ず、シーリング自体にダメージが蓄積されてしまい劣化を早めてしまう状態です。ただ、今回の様にサイディング壁の場合であり、3面接着が必ずしも悪いというわけでわありません。コンクリートなどの動きが少ないノンワーキングジョイントなどがそれにあたります。
コーキング クリア 打ち替え
 今回のS様邸では以前に外壁のクリア塗装を行ったとお聞きしましたので既存のシーリングを見てみると、シーリングの上にもクリアの塗膜が乗っていました。最近では各塗料メーカーは後打替え(塗装後にシーリング施工)や打ち替えた後に養生テープなどを貼ってから塗料が乗らないようにする施工法を推奨しています。それは、最近のシーリング材に推奨されるノンブリードタイプとの関連があるからです。このノンブリードタイプの上に塗装してしまうと密着が悪くなり、早期の劣化に繋がってしまいます。弊社はサッシ周りのシーリングは増し打ちになりますので、密着の悪い状態の上から打つことはできません。
実際にどのくらいの密着が現状あるのかをテープテストしてみました。
コーキング クリア 打ち替え
 写真の赤い丸の中を見ていただければ分かると思いますが、簡単に既存のクリア塗装の膜が剥がれて浮いてきます。
この状態の上から増し打ちしてもすぐに問題が発生するのは火を見るより明らかです。
なので、今回は既存のシーリングを除去してからの打ち替え施工になります
コーキング クリア 打ち替え
 基本サッシ周りのシーリングはサッシを傷めてしまったり、下の防水シートなどを傷つけてしまう恐れがありますので増し打ち施工ですが、住宅は特徴や環境がそれぞれ異なりいろんな状況が存在します。その家その家に合った施工を判断し、対応していかなければいけないのです。
 次回はマスキングテープで養生を施し、いよいよシーリング材を打っていきます。よろしければそちらの方もご観覧して頂ければ幸いです。

同じ地域の施工事例

施工事例

宮崎市月見ヶ丘にて板金屋根のケレン作業をしたのち塗装工事をしました。

S__23994372-e1571040452505
S__23994373
工事内容
屋根塗装
使用素材
エスケー化研
築年数
30~40年
建坪
30~40坪
保証
工事費用
施工事例

宮崎市大橋で火災保険を利用した屋根瓦の葺き替え工事で屋根をリニューアル。

20190515_oohasi02
20190614_宮崎県宮崎市大橋_瓦葺き替え_01
工事内容
屋根葺き替え
漆喰詰め直し
足場
使用素材
陶器防災平板瓦・ゴムアスルーフィング
築年数
30~40年
建坪
保証
工事費用
150~200万円
施工事例

宮崎市薫る坂で台風被害による棟板金、屋根瓦、雨どいの復旧工事。火災保険をご利用頂きました。

20190413_屋根点検01
宮崎県宮崎市薫る坂屋根修繕_05
工事内容
棟板金交換
雨樋交換
外壁塗装
屋根塗装
その他の工事
足場
使用素材
ガルバリュウム鋼板・雨どい
築年数
20~30年
建坪
45坪
保証
工事費用
20~30万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

セメント フレンチ 棟取り直し

 国富町Y様邸にてセメント瓦フレンチの棟取り直しを行った様子をご紹介いたします。棟取り直しとは一度ばらした棟を下地などをやり替えてもうう一度積んでいく工事です。雨漏りの原因が棟周辺だったり棟絡みの瓦が明らかに破損している場合などに行う事が多...........

棟板金 交換 コロニアル

 宮崎市大字恒久にてT様邸の棟板金交換を行った様子をご紹介いたします。棟板金は主にコロニアルなどの化粧スレートの屋根やガルバニウム鋼板などの金属系の屋根に用いられ、木や樹脂などの下地を作り固定していきます。今回施工するT様邸は以前塗替え工事...........

漆喰補修 面戸

 宮崎市N様邸にて棟の面戸・取合い漆喰補修をおこなった様子をご紹介いたします。棟の面戸漆喰は桟瓦と棟瓦(のし瓦や冠瓦など)にできる三日月形の隙間を埋めるもので棟の取合いは大棟と隅棟や降り棟、風切丸の接合部分になります。正しく施工されたものは...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん宮崎店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-920-015