都城市で台風後のコロニアル屋根の点検にお伺いしました。



2018年9月に九州に上陸した台風24号は、宮崎県内に大きな被害を生みました。


今回の記事では、台風が過ぎ去った後にお伺いしたお客様の
被害状況と点検内容、そして火災保険の利用方法をお伝えいたします。

~ 屋根の被害状況 ~



「台風24号でコロニアル屋根が割れていたり、棟板金が飛んでいる」とのご相談があり、
今回は、都城市のT様邸にお伺いしました。

お伺いしてから屋根に登り確認してみると、

棟板金破損 都城市①

2F 棟板金破損①
棟板金破損 都城市②

2F 棟板金破損① (別角度)
コロニアル屋根破損

2Fコロニアル屋根破損
棟板金破損都城市②

1F棟板金破損②
コロニアル屋根破損②都城市

1Fコロニアル屋根破損

上記写真のような被害がありました。

その他にも、
コロニアル割れ 15か所
棟板金釘抜け 10か所
という点検結果になりました。

それぞれの被害箇所の図面と写真を撮影し、点検完了です。

~ 台風災害での火災保険利用 ~


実は、今回のような台風で実際に屋根や外壁、カーポートなどが被害にあった場合は、
火災保険が適用できる可能性があります。

「火災保険」といっても対応できる災害は、火災だけではないのです!
落雷や風災、大雨、盗難などさまざまな損害・被害に対応しているのです。

ほとんどの方が加入されているのにも関わらず、その内容は意外と理解されていない場合が多いのです。
ご自宅の火災保険の内容をもう一度見直してみるのもいいかもしれないですね!

~ 火災保険申請方法 ~


火災保険申請に必要な材料は

・被害箇所の写真
・図面レポート
・修繕工事見積書

こちらは正確な写真や図面ではなくてはなりません。
こういった作業ができる業者は、かなり少ないかと思います。


1つ重要なことをお話しすると、
支給された保険金はきちんと被害箇所補修に使用してください。
そのまま放置していると、今後火災保険が下りなくなる可能性があります。


今回の台風で被害にあわれた方は、火災保険が適用できるかもしれないので
一度確認された方が良いかもしれませんね!


この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

セメント フレンチ 棟取り直し

 国富町Y様邸にてセメント瓦フレンチの棟取り直しを行った様子をご紹介いたします。棟取り直しとは一度ばらした棟を下地などをやり替えてもうう一度積んでいく工事です。雨漏りの原因が棟周辺だったり棟絡みの瓦が明らかに破損している場合などに行う事が多...........

棟板金 交換 コロニアル

 宮崎市大字恒久にてT様邸の棟板金交換を行った様子をご紹介いたします。棟板金は主にコロニアルなどの化粧スレートの屋根やガルバニウム鋼板などの金属系の屋根に用いられ、木や樹脂などの下地を作り固定していきます。今回施工するT様邸は以前塗替え工事...........

漆喰補修 面戸

 宮崎市N様邸にて棟の面戸・取合い漆喰補修をおこなった様子をご紹介いたします。棟の面戸漆喰は桟瓦と棟瓦(のし瓦や冠瓦など)にできる三日月形の隙間を埋めるもので棟の取合いは大棟と隅棟や降り棟、風切丸の接合部分になります。正しく施工されたものは...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん宮崎店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-920-015