屋根に使われている漆喰について調べてみました。


昔ながらの家(倉庫、倉)などを見てみると漆喰が使われていることがあります。
「土蔵造り」と呼ばれている家です。

有名な建物でいうと姫路城が漆喰を使っており、
漆喰は消石灰を主成分として作られており、防火・防水に優れているため、昔から使用されている材料になります。

漆喰の役割とは

姫路城
漆喰部分 拡大
漆喰の役割は外壁の仕上げに使われていたり、屋根の棟部分に使われていますが、水の浸み込みを防ぎ下地を傷めないようにする。また、棟部分の接合のための役割があります。

漆喰が傷んでいるときはしっかりと補修を

現場の調査
年数が経ってくると硬度が増してくという特徴を持っています。そのため、漆喰は傷み補修が必要になってきますよ。
漆喰が剥がれてしまっているところから水が侵入し、場合によっては雨漏れが発生してしまう可能性があります。
また、接合のためにも使われているため、棟の瓦が落ちやすくなってしまいます。

漆喰のメンテナンス

屋根の棟部分の漆喰に関して20年~30年でメンテアンスをおこなったほうがいいでしょう。
また、あまり詳しくない瓦やさんに頼んでしまうと、逆に雨漏れが発生してしまう可能性があります。
むやみに厚塗りを行ってしまうと雨漏れにつながるケースがございます。
しっかりと知識のある、専門の方に工事を頼むことをお勧めします。





信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん宮崎店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-920-015