スレート系屋根材に対応したメンテナンス。10年を目処に定期的にメンテナンスしましょう。


スレート屋根
今回は、スレート系屋根材のメンテナンスについて説明したいと思います。
スレート系屋根材と言う言葉を聞きなれない人も多いと思います。スレート系屋根材は一般的に、コロニアルと呼ばれることが多い薄型の屋根材です。【コロニアルはKMEW様(旧:クボタ松下電工外装株式会社)の屋根材商品名です】
スレート系屋根材は、セメントと繊維、アスベストなどを混ぜ合わせ、成型した、薄い板状に加工した屋根材になります(注:現在はアスベストを混合した商品はございません)。
セメント瓦や焼き物系瓦と比較して軽量で、施工性が良く施工期間の短縮に計れる為に大手住宅メーカー様から地元ビルダー様まで新築時に採用されています。また、デザインも豊富なため外壁の色に合わせて屋根材を選ぶことができます。
スレート 剥がれ
上の写真は、スレート系屋根材の劣化写真です。スレート系屋根材は、屋根材自体の厚みが他の屋根材と比較して薄い為にひび割れや屋根材表面の肌荒れなどが起りやすいです。
そのまま放置しているとひび割れた部分から雨水が侵入して雨漏りの原因にもなり、雨漏りの修繕という多額の出費に繋がってしまいます。

スレート屋根
スレート系屋根材は、メンテナンスを10年を目処に定期的に行いましょう。屋根材からのメンテナンスのサインは
1、ひび割れ・剥がれが起きているか
2、コケ・カビが生えていないか
などがあげられます。
街の屋根やさん宮崎店では、点検や工事の提案、お見積もり、屋根に関するご相談を無料にて承っております。
経験豊富なスタッフが対応いたしますのでお気軽にご相談ください。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん宮崎店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-920-015