屋根に天窓を設置するデメリットや費用、知らないと損をするポイントを紹介


天井窓の設置するポイント

太陽の光を取り入れたり、換気をしたりするために屋根に設置する窓を「天窓」と呼びます。


天窓を設置すれば、夜空が見えておしゃれな空間になるため生活の質が上がることが期待できるでしょう。


この記事では、天窓のメリットやデメリット、費用相場などを解説します。


屋根に天窓を設置するメリットとデメリット

天窓を設置するためのポイント

天窓を屋根に設置するメリットは室内が明るくなることです。

一方で、デメリットは雨漏りの心配があることでしょう。


他にも、天窓には多くのメリットとデメリットがあります。

天窓のメリット


1.開放感がある
2.室内が明るくなる
3.通気性が高まる

具体的にどのようなメリットなのでしょうか。

天窓を設置するメリットのひとつは、開放感があることです。

天窓から空が見えると、圧迫感が減ります。

天井が高く、空間が広く感じることで開放感が高まります。


また、家のなかにいながら空や雲が見えるので、リラックス効果も期待できるでしょう


隣家との距離が近い場合は、窓が開けられない設計になっていることもあります。

そんなときは、天窓を設置すると窮屈さを軽減できるでしょう。

太陽の光をより多く取り入れることができるので、室内が明るくなるメリットもあります。

建築基準法により、天窓は通常の窓の3倍の採光量があると定められています。

高い位置で採光できる点と、方角に左右されることなく太陽の光が取り込めることで室内を照らすことができます。


光は人間の感情にも関係すると言われていますので、太陽の光をたくさん浴びることは精神的な健康にも良いと考えられます

開閉可能な天窓にすることで風の通り道ができ、通気性も高まります。

空気の通り道ができるので、部屋全体の換気効率が上がります

暖かい空気は上にいくので、室内にとどまろうとする空気を上から逃がすことができます。


空気がこもっていると感じたら、天窓を開けて空気の入れ替えができるでしょう。

天窓のデメリット

天窓には3つのデメリットがあります。

1.雨漏りの危険性が高まる
2.メンテナンスが大変
3.室温で上昇してエアコン費用がかかる

具体的に解説していきます。

屋根は、雨から家を守る役割があります。

保護目的である屋根に窓を取り付けるため、雨漏りの危険性が高まります。


天窓の雨漏りには施工不良が原因というケースは珍しくないため、工事の際は信頼できる業者を探しましょう。

掃除といったメンテナンスが難しいことも天窓のデメリットです。

窓の内側は脚立や柄の長いモップなどを使って対応できますが、外側は屋根にのぼることになります。


危険を伴いますので、天窓のメンテナンスは必ずプロに依頼しましょう

太陽に近いところで光を取り入れるということは、熱も取り入れることになります。

冬は暖かくても、夏は暑くなってしまうのでエアコンの電気代がかかってしまうでしょう。


天窓に遮光カーテンをつけたり、断熱性がある素材をつけたりするよう検討してみましょう。


屋根に天窓を設置する場合の費用と工期

天窓を設置するときの費用
屋根に天窓を設置する場合の費用は30〜70万円程度です。

工期としては1週間が一般的でしょう。

天窓を設置する場合の費用

天窓を設置する費用は、本体価格+施工費の合計になります。

本体価格は種類や大きさで変わりますが、10〜20万円が相場だと考えられます。


施工費は20〜50万円程度かかるため、合計で30〜70万程度の工事費用になるでしょう。


施工費には、足場設置の、屋根撤去、防水処理の費用などが含まれます。

電動の開閉式天窓の設置だと、電気配線工事も必要になるでしょう。

天窓を設置する工期

天窓を屋根に設置する工期は、1週間が目安となります。

簡単な工事であれば3日で終わる可能性もあるでしょう。


天窓の設置には天気も影響するため、工期が遅れれば1週間以上かかる可能性もあります。


屋根に設置できる窓は3種類

天井窓の種類
屋根に設置できる天窓の種類は3つあります。

採光を目的とした開閉できない天窓で、FIX窓、はめ殺しとも言われています。

通気はできませんが、雨漏りのリスクも少なく、価格も安くなります。

天窓の上部を軸に、下部を外に押し出すように開閉できる「突き出し窓」、窓枠の中央部から水平に動かす

「回転窓」があります。

手の届かない窓は、専用の長い棒を使用することがあります。


窓が開くため換気に適しています

リモコンを使って、電動で開閉できる天窓もあります。

開閉が面倒になってしまっては、天窓の機能が十分に生かされなくなってしましいます。

屋根に天窓を設置する場合は電動タイプがおすすめです。


窓本体の工事費用も価格は高くなりますが、天窓の通気性がよくなるというメリットがあります。

屋根に天窓を設置する際のチェックポイント

天窓を設置する窓のポイント

天窓をつける際には気をつけるべきポイントがあります。

工事で失敗しないよう、設置する際の注意点を知っておきましょう。

設置する方角は南が最適


設置する方角は、天窓の効果に大きく影響します。


採光のための天窓は、南向きが最適です。

ただし、南側は太陽光がまぶしすぎるおそれがあります。


また、冬は暖かく夏は暑くなることも考えなくてはなりませんので、スクリーンをつけたりエアコンをパワーのあるものにしておいたりする必要があります。

天窓のリフォーム実績がある業者に依頼する

天窓を東や西に設置した場合でも、陽射しが強い時間帯があるため注意してください。

北に天窓を設置した場合は日差しが入ってきにくいため結露の心配があります


天窓の設置は、一概に方角だけで決まられるわけではありません。

隣接する住宅との兼ね合いや、屋根の角度、明るくしたい部屋の位置など、さまざまな要因を総合的に判断して設置しなければなりません。


さまざまな要因を判断するには実績がある業者に任せることが重要です。

経験と実績がある業者に相談して、天窓の設置工事に失敗しないようにしましょう。

まとめ:屋根に窓を設置するなら雨漏りしない優良業者に依頼しよう

天窓を設置するポイントまとめ

既存の屋根に天窓を設置する場合、屋根のプロでなければ安心して任せられないでしょう。

屋根に天窓を開けることは雨漏りのリスクを高めてしまいます。


信頼できる優良業者に依頼して、雨漏りせずに天窓のメリットを最大限に活用できるリフォームをしましょう。


自治体によっては窓や屋根のリフォームに補助金を出しているケースがあります。
具体的な内容は、
をご覧ください。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん宮崎店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-920-015