屋根の色の決めかたとオススメを紹介!遮熱塗料で避けたい色とは


屋根の色オススメの決め方

色に対するイメージは人によって違うため、自分のイメージが業者にきちんと伝わっておらず、仕上がりが満足いかないことがあるでしょう。


また、屋根の色を自分の好きな色に塗り替えた結果、遮熱効果がなくなって室温が高くなる場合もあります。


この記事では、失敗しない屋根の色の決めかたをご紹介します。

ぜひ最後までご覧ください。

屋根の色の决めかた

屋根塗装 色の選び方
屋根の色を決める際のポイントは3つあります。

  • 外壁の色とバランスをとる

  • 住宅周辺の景色との調和を考える

  • 汚れにくい色を選ぶ


上記3つのポイントについて以下で解説します。

屋根の色は外壁の色とバランスを考えて決める必要があります。

屋根は、外壁と同じトーンの色を選ぶとよいでしょう。

外壁と色が馴染み、全体で見た時に違和感がありません。



住宅周辺の景色や環境と調和を考えた配色も重要です。

赤や黄色のように原色系の色や、自分が好きな色というだけで決めると悪い意味で目立ってしまいます。


調和が取れる色としては茶色がおすすめです。


屋根はとても汚れが付きやすいため、汚れてもあまり目立たない色を選ぶこともポイントです。

グレー系が目立ちにくく、ホワイト系の色ほど汚れがよく目立ちます。

屋根でおすすめの色はグレー・ブラウン・ブラック!

屋根の配色を決める方法

屋根でおすすめの色は「グレー」「ブラウン」「ブラック」です。

外壁の色や周囲の景色とも調和させやすいので人気があります。


上記3色のメリットとデメリットをそれぞれ以下で解説します。

グレーの屋根のメリットとデメリット

シャープでモダンなイメージがあり、汚れも目立ちにくいです。
グレー系の屋根は近年人気なので他の住宅とかぶりやすいため、オリジナリティに欠けてしまいます。

ブラウンの屋根のメリットとデメリット

高級感のある雰囲気を演出できて、汚れもあまり目立ちません。

アクセントとして使うこともできます。

ブラウンだけで塗ると暗い印象になる点がデメリットです。

ブラックの屋根のメリットとデメリット

外壁の色と調和が取りやすく、黒い汚れなら目立ちません。


黒はもっとも熱を吸収する色ですので、室内の温度が高くなります。

屋根の色を選ぶ際の注意点

屋根塗装の色を決める方法

屋根の配色を考える際の注意点が3つあります。


  • 遮熱塗料は屋根の色が黒いほど効果が落ちる

  • 原色系は色あせしやすい

  • カラーシミュレーションだけで色を決めない


上記3つの注意点について以下で解説します。

遮熱塗料とは、太陽の光を反射して熱の発生を抑制する効果がある塗料です。

もっとも光を反射する色が「白」で、吸収する色が「黒」となります。

屋根の色が黒に近いほど遮熱塗料の効果は落ちてしまいます。


赤や黄色といった原色は、塗装時こそ鮮やかでキレイですが、ほかの色と比べて色あせするのが早いです。

カラーシミュレーションとは、塗装する住宅の写真を撮って画像加工をおこない、

塗装後の住宅イメージを作ることです。


カラーシミュレーションはあくまでもイメージですので、

実際の色とまったく同じというわけではありません


そのため、使用する塗料を実際の外壁やサンプル板などに塗って仕上がりを確認する「試し塗り」を

おこなうようにしましょう。



まとめ:屋根で遮熱塗料を使うときだけは色に注意しよう

屋根塗装色の選び方 まとめ

屋根の色はデザイン性だけではなく機能性も兼ねています。

とくに遮熱塗料を使用する際は、熱がこもりやすい黒色は避けたほうがよいでしょう。


遮熱塗料を使う場合は、白が最も効果的ですが、デザイン性を考慮するのならグレーが妥協点となるでしょう。


詳しい色の選び方は業者と相談する必要があります。

「街の屋根やさん宮崎店」では、鹿児島や宮崎地域でのご相談に無料で対応することが可能です。


屋根の色選びで悩んでいる場合はぜひご相談ください。


屋根塗料の価格に関しては

屋根塗料の価格を細かく解説!塗料の価格を安くする対策もチェック

の記事も見てみましょう。


信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん宮崎店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-920-015