オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根の形状の種類-切妻屋根、寄棟屋根ー



屋根の形状といっても、切妻屋根、寄棟屋根、片流れ屋根、陸屋根など、様々な種類があります。

今回はその中で、
①切妻屋根
②寄棟屋根

のことを、それぞれのメリット・デメリットを含めて紹介していきたいと思います。

①切妻屋根

1-e1554886537693-columns1
こちらが切妻(きりづま)屋根と呼ばれるものです。
屋根が下方に二面伸びている、最も一般的な屋根の一つになります。

・価格が比較的安価

・屋根の構造がシンプルなため、雨漏りのリスクが他の屋根よりも少ない
(雨漏りのリスクが高い箇所として、「」と呼ばれる低位置での屋根同士の接続部分や、屋根面と壁との接続部分が挙げられます。しかし切詰屋根には、その箇所がありません。)

・屋根裏のスペースが確保しやすく、ロフトや収納として利用しやすい

・ソーラーパネルが設置しやすい


cd8d6bf59cbe84f1d4170f46d3f43361-e1554972724870-columns2
」と呼ばれる、低位置での屋根同士の接続部分(線で囲ってある箇所)。
IMGP5316_LI-e1554972473650-columns2
屋根面と壁との接続部分(線で囲ってある箇所)。
・屋根ではなく、「」と呼ばれる棟の両側の面が弱点
(上の写真の通り、妻部分は屋根に守られておらず、外壁や破風などが雨風にさらされます。その分劣化が早まり、メンテナンスを怠ると、壁面からの雨漏りのリスクが高まります。)

②寄棟

de35f13fcee7cf485a6c2c6713ef2d94-e1554888655747-columns2
寄棟屋根のお写真。
9ca5c6c08255cc37b179515a08d7b123-e1554888733984-columns2
屋根面同士を接続させる棟の部分。
こちらが寄棟屋根(よせむねやね)と呼ばれるものです。
建物の全方向に屋根がついており、構造的にどっしりと安定感があります。
・耐久性が高い
(切妻屋根と違って、家の全方向に屋根がついているため、その分雨風にさらされる部分が減り、
 劣化が遅くなります。)

・耐風性が抜群に高い
(屋根の斜面が風を切る形になるので、他の屋根のようにまともに風にあおられません。
 あらゆる方向からの風に対応できます。)

・切妻屋根の家と比べて、外壁の面積が小さくなるため、高価な外壁材を使う場合に有利

・コストが高くなる
(家全体となると構造が複雑になるため、コストが高くなります。しかし耐久性が高いので、長い目で見るとリーズナブルだという考え方もあります。)

雨漏りのリスクが、切妻屋根よりも高い
(屋根面同士を接続させる棟が、切妻に1つしかないのに比べて、寄棟には最低でも5つあります。この棟の施工をしっかり行わないと、棟板金と屋根の隙間から雨漏りが生じる可能性があります。)

・換気が難しい
(切妻屋根に比べて屋根裏のスペースが狭いため、空気の流れを作りにくいという点があります。しかし新しい換気の方法や機材も開発されているので、施工業者に一度相談してみるといいかもしれませんね。)

・ソーラーパネルが設置しづらい



以上が、切妻屋根と寄棟屋根の特徴と、そのメリット・デメリットでした。

次回は、片流れ屋根と陸屋根について書きたいと思います。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん宮崎店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-920-015