オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

高圧洗浄が必要なワケ


先日、塗装の工事をされるお客様のお宅に伺ったところ、ご近隣の方から
「高圧洗浄ってなんでするの?」
と聞かれました。

私たち業者にとっては当たり前のことでも、塗装についてあまり詳しく知らない方やお客様からすると当たり前ではないことなのだと気付かされました。

そこで今回は、塗装をする際にどうして高圧洗浄が必要なのかを書いていきたいと思います!



ずばり!高圧洗浄を行う理由は、新しい塗膜を長持ちさせるためです。

屋根と壁、どちらに関しても塗装をかける前にまず高圧洗浄で汚れやコケ、カビ等を洗い流す必要があります。
それは、屋根や壁に汚れが付いたまま塗装をしてしまうことで塗料が上手く密着せず、1年や2年など短い期間で塗膜が剥がれてしまうことがあるからです。


つまり塗膜を長持ちさせるためには、高圧洗浄が絶対に必要になってきます!
反対に言うと、「あまり汚れていないので高圧洗浄は必要ないですよ」などと言って高圧洗浄の工程を行わない業者さんには要注意です。



またカビの繁殖がひどい住宅では、高圧洗浄だけでは十分に汚れを洗い流せないことがあります。

その場合にはバイオ洗浄といって、高圧洗浄機の中に薬品を混ぜて、より汚れを落としやすくするものを使うこともあります。
表面はきれいに洗えても壁の内部ににカビ等の菌が残っていると、塗装をかけて年数が経った時に再びカビが出てくることがあります。
それは落としきれなかった壁の中の菌が徐々に繁殖して、塗膜を突き破って出てきてしまうからです。



こういったカビやコケ、汚れをきれいに洗い流すことが壁の素地を整え、その後の下地と上塗りの仕上がりや長持ちすることにつながります。
ですので、塗装をされる際は必ず高圧洗浄をしてもらうことが重要です。


塗装工事・屋根工事の事なら街の屋根やさん宮崎店へお気軽にご相談ください!!


信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん宮崎店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-920-015