オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根塗装にタスペーサーがおすすめな理由をご紹介!


屋根塗装工事必要なタスペーサーとは

スレート屋根を塗装する際の見積りに、「タスペーサー」と記載してあるのを見たことがありませんか?


タスペーサーとは、スレート屋根を塗装する際に必要な「縁切り」をするときに用いる道具のことです。


縁切りはカッターでも可能ですが、タスペーサーの使用がおすすめです。


この記事では、縁切りにはどういう役割があるのか、なぜタスペーサーの使用をおすすめするのかについて説明します。


スレート屋根の塗装を検討している人は、参考にしていただけますと幸いです。


屋根の縁切りの効果とは?

棟板金 交換 コロニアル

縁切りとは、スレート屋根の塗装をした際に、くっついてしまった屋根材を切り離す作業です。


隙間を作ったら雨漏りの原因になるのではないかと思うかもしれません。

ところが、屋根はピッタリとくっついている方が危険なのです。


なぜ隙間がないといけないのか、縁切りの役割とともに説明していきます。


水を排出して雨漏りを防ぐ

縁切りには、屋根の内部に入った雨水の逃げ道を作り、雨漏りや木材の劣化を防ぐ役割があります。


屋根の構造上、内部に水が入り込むことは防げません。

水の侵入を放っておくと、屋根を支える木材の腐食や雨漏りにつながります。

ゆえに、水を排出する経路を確保することは非常に大切な工程なのです。


従来、スレート屋根の表面には細かいみぞがあり、みぞを伝って雨水を排出させる仕組みになっています。


ところが、塗装後に塗料がみぞを塞いでしまうことがあります。

そのため、縁切りで屋根材の間に隙間を作り、雨水の逃げ道を確保しなくてはならないのです。


結露で発生した水分を排出する

結露で発生した水分を排出する

縁切りは、屋根の内部で結露によって発生する水分を排出する役割も持っています。


私たちが生活している部屋では、エアコンなどの色々な要因によって空気が温められます。

温められた空気は上昇する性質があり、屋根にまで上っていきます。


屋根自体は外気で冷えているため、内部との温度差で結露が発生することは避けられません。


結露で発生した水分をそのままにしておくと、屋根を支える木材や断熱材の劣化を早めてしまいます。


屋根の間に隙間を作ることにより、水分を外へ蒸発させることが可能となるのです。


屋根塗装にタスペーサーの使用をおすすめする理由

20190602_simonaka_06

タスペーサーとは、セイム社から販売されている、縁切りを行う道具のことです。

使い方は、下塗りが完成した屋根材の間にタスペーサーを入れて隙間を作ってから上塗りをしていくだけです。


カッターでも縁切りはできますが、タスペーサーの使用が好ましいです。

タスペーサーをおすすめする理由は具体的に3つあります。


塗料の再密着を防げるため

タスペーサーは、今までの縁切りに起こりがちな塗料の再密着が防げます。

なぜなら、カッターとタスペーサーでは、縁切りの方法が根本的に違うからです。


カッターによる縁切りは、上塗りが完了してから1〜3日後に行うことが一般的でした。

一方で、タスペーサーは屋根材の下に挟み、隙間を作ってから上塗りを仕上げていきます。


カッターによる縁切りの場合、塗料が完全に乾いていないケースが多く、せっかく切り離した屋根材が再びくっついてしまうことは避けられませんでした。


タスペーサーを使えば、隙間を確保してから塗装や乾燥をするため、屋根材がくっついてしまうことはありません。

工事期間が短縮され、費用も安く済むため

タスペーサーを使用すれば工事期間と費用の削減が可能です。

具体的にどれくらい削減されるのか、表で比較してみましょう。


タスペーサー とは

タスペーサーを使用すれば、材料費を入れても費用が安く済むことがわかります。

加えて、作業時間が大幅に短縮され、屋根に与える負担が最小限で済む点を考慮しても、タスペーサーの使用がおすすめです。


塗装の仕上がりが綺麗になるため

タスペーサーなら、屋根の塗装を美しく保ったまま縁切りが可能です。


従来の縁切りは、一度密着した塗装をバリバリと剥がしていく手法です。

その結果、屋根材や塗装が剥がれてしまい、見た目を損なってしまう可能性がありました。


一方で、タスペーサーなら屋根材の間に挟むだけで、塗装後に塗料を剥がしたりする必要はありません。

ゆえに、塗り上げた屋根を傷めることなく、綺麗な仕上がりのまま保てるのです。


タスペーサーを使用できない屋根もあるので注意

タスペーサーが使用できない屋根

タスペーサーは、屋根の種類や状態によって使えない場合もあるため注意しましょう。


タスペーサーが使用できるのは、スレート屋根のみとなります。

スレート屋根とは、別名「カラーベスト」「コロニアル」とも呼ばれ、
セメントが主材料の薄い板状の屋根材です。


他の屋根は、塗装や縁切りが必要ない屋根材となるため、タスペーサーは使用できません。


また、屋根材が以下の状態の場合はタスペーサーが使用できません。


  • ひび割れている

  • 経年劣化が激しい

  • 水分を吸ってしまっている

  • 20年以上使用している

  • 屋根材を支える野地板という木材の状態が悪い


タスペーサーは、野地板と屋根材の両方の状態が良い場合にしか使用できません。

自分では判断が難しいので、あらかじめ業者に相談しておきましょう。


タスぺーサーを使用して納得のいく屋根塗装をしよう

タスペーサー納得のいく使い方

縁切りはカッターでもできますが、タスペーサーを使用すれば「早く・安く・綺麗に」屋根塗装ができます。


業者側にもお客さん側にも利点が多いため、最近ではタスペーサーの使用を勧める業者も増えてきました。


ぜひ、タスペーサーを使用して、料金と質ともに納得のいく塗装を行いましょう。


屋根塗装の費用相場を知りたい場合は、
もチェックしてみてください。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん宮崎店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-920-015