雨樋のいろんな種類



雨が降り、屋根をつたって雨水を1か所に集め、地上や下水に流す役割がある「雨樋」。
今回は、雨の多い日本で屋根や外壁と共に雨水からお家を守っている雨樋の種類や材質についてお伝えいたします。


まずは、形の種類から説明致します。

~ 雨樋のかたち ~



雨樋のかたちには、半丸型・角型・特殊型の3つがあります。
半丸雨樋 宮崎市

半丸型(丸形)

雨樋と聞いて皆さんが最初に思い浮かべる形ではないでしょうか。
丸型の雨樋です。

【写真:積水化学工業HPより】
角樋雨樋 宮崎市

角型(箱形)

四角い雨樋です。
半丸型に比べ、雨水を多く確保できるため、最近では主流の形状になりつつあります。

【写真:積水化学工業HPより】
特殊雨樋 宮崎市

特殊型

東北や北海道地方など雪の多く降る地域で、雪かきをする際に特化した特殊な雨樋です。

【写真:積水化学工業HPより】

~ 雨樋材質 ~


次に、雨樋の材質について説明を致します。


まず、材質には6種類あります。
・塩化ビニール
・その他の合成樹脂
・アルミ
・ステンレス
・ガルバリウム鋼板
・銅

塩化ビニール 雨樋

塩化ビニール

軽くて、施工がしやすく他の材質と比較するとコストが安くなる半面、雨や紫外線の影響で変色や劣化し破損しやすい
synthetic-resin-guttering-600x345-e1538827394763-columns3

その他合成樹脂

塩化ビニールと見た目が似ていますが、樹脂表面に特殊な処理を施して耐久性を高めています。
アルミ 雨樋

アルミ

軽くて、雨水で錆びにくいのが最大のメリットです。
ただし、一般住宅ではあまり使用されていない材質です。

ステンレス雨樋 宮崎市

ステンレス

衝撃に強く、耐久性に優れている材質になります。
しかし、アルミ同様あまり使用されていないものです。

【写真:タニタハウジングウェア】
ガルバリウム鋼板雨樋 宮崎市

ガルバリウム鋼板

屋根材としても普及がすすんでおり、錆びにくく耐久性に優れ、他の金属素材の雨樋に比べて安価な傾向にあります。

【写真:建築知識研究所】
銅雨樋 宮崎市


神社やお寺などに使用されることが多く、色合いが年数が経つにつれ深みのあるものへと変化します。耐久性の高い材料ですが、ほかの雨樋と比べるとかなり高額になります。



この記事では、雨樋の形状や種類、素材についてお話ししました。

もしも雨樋に何か不具合を発見したら、すぐ修理や補修・交換をしてください。

雨樋は非常にお家の中でも大切な部分の1つです。

この記事が雨樋の修理のなかで役に立つことがあるかもしれないですね。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん宮崎店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-920-015