塗料に含まれる樹脂の種類


お住まいの塗装をされたことがある方、または塗装を考えていらっしゃる方は、一度は「樹脂」という言葉を耳にしたことがあるのではないでしょうか?

樹脂とは、塗料の中に必ず含まれているものです。
そのなかにアクリル樹脂やウレタン樹脂など、いくつか種類があります。

しかしどれを選べばいいのか分からない!と思う方もいらっしゃるかもしれません。
そこで今回は、塗料の樹脂の種類と、それぞれのおおよその耐久年数をお伝えしていきたいと思います。


樹脂の種類:耐久年数

樹脂は、一般的に塗料の耐久年数を決定しているものだと言われています。
どの樹脂が含まれているかによって、その塗料の耐久年数も変化します。

それぞれの耐久年数の目安は以下の通りです。
アクリル樹脂
3~5年
ウレタン樹脂
5~8年
シリコン樹脂
10~15年
フッ素樹脂
15~20年

それぞれの樹脂の特徴

アクリル樹脂は、上の4種類の樹脂の中で1番耐久性が低いものです。
現在では、外壁や屋根の塗装に使われることはほとんどありません。

特徴としては、発色が良いという点と、価格が安いという点が挙げられます。
しかし長持ちしないため、短いスパンで定期的に塗装をする必要があります。


ウレタン樹脂は、2番目に耐久性が低いものです。
以前はお住いの内部・外部で様々な用途に使われていましたが、現在は費用対効果等がシリコン樹脂などに劣ることから、外壁や屋根の塗装で使われる機会は減ってきています。

特徴は、樹脂が柔らかくヒビ割れしにくいという点と、取り扱っている塗料メーカーが多いため種類が豊富だという点が挙げられます。


シリコン樹脂は、現在使われることが最も多く、主流となっています。

特徴としては、耐久性が10~15年と長いのにも関わらず、ウレタン樹脂塗料と比べて価格に大きな差はないという点です。
耐久性と価格のバランスが良く、メンテナンスの回数を減らしたい方にもおすすめです。


フッ素樹脂は、シリコン樹脂よりもさらに長持ちする樹脂です。
塗料メーカーが出している塗料の中で、おそらくこのフッ素樹脂の塗料が最もグレードの高いものでしょう。

特徴は、とにかく耐久性が高いということです。
長期間に渡って外壁や屋根を守ってくれる塗膜を作ってくれるのが、フッ素樹脂塗料になります。
このフッ素樹脂塗料は、高品質ということで他の樹脂の塗料よりも価格は高くなります。
しかしその価格に見合うだけの非常に高い耐久性があります。







今回は塗料に含まれている樹脂の種類についてお伝えしました。
それぞれに良い点も悪い点もありますので、用途に合ったものをお選び下さい!


信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん宮崎店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-920-015