オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

無機塗装って何?メリットとデメリット、施工に適した状況とは


屋根 茶色4

「無機塗装って何?」

「無機塗装の特徴を知りたい」

 

こういった疑問をお持ちではないでしょうか。

無機塗料は耐久性や不燃性に優れた性能を発揮する一方で、ひび割れしやすいなどの特徴もあります。

この記事では、無機塗装について以下の項目を紹介しています。

 

  • 無機塗装とは
  • 無機塗装のメリットとデメリット
  • 無機塗装が適している状況

 

それでは、みていきましょう。

無機塗装とは

S__7372841-e1580970119812

無機塗装とは、無機塗料を用いた塗装のことです。

一般的な塗料は、石油などの有機物からできた樹脂が主成分です。

一方で無機塗料は、鉱物・レンガやガラスなどの無機物を配合して作られた塗料です。

無機塗装のメリットとデメリット

快適サーモってどんな塗料なのか

無機塗装にはメリットとデメリットがあります。

それぞれを理解した上で、無機塗料を使用するのかを判断しましょう。

無機塗装のメリット

無機塗装のメリットは以下のとおりです。

 

  • 経年劣化に強い
  • 有機塗料に比べて不燃性が高い

 

1つずつ解説していきます。

無機塗料は経年劣化に強い材料です。

主成分が無機物なので、雨や紫外線による影響を受けにくいのが特徴です。

耐候性が高い有機塗料であるフッ素よりも劣化に強いと言われています。

鉱物・レンガやガラスが主成分なので、無機塗料は不燃性が高い材料です。

100%無機物ではないので完全に燃えないわけではないですが、有機塗料よりも高い不燃性があります。

無機塗装のデメリット

無機塗装には、メリットだけではなく以下のデメリットもあります。

 

  • ひび割れしやすい
  • 材料の価格が高い
  • 施工が難しい

 

1つずつ解説していきます。

無機塗料は有機塗料に比べると弾性が少ない材料です。

塗装の下地材にひび割れが生じた場合は、塗膜も割れるおそれがあります。

無機塗料に配合されている無機物自体の値段が高いので、有機塗料に比べると値段が高くなります。

また、有機塗料の方が一般的なので、無機塗料を使う塗装は施工費も高くなる可能性があります。

無機塗料は弾性が少ないので、一定の厚みで施工するのが難しい塗料です。

施工実績が少ない業者が塗装した場合は、塗装の浮きや剥がれを生じる可能性が高くなります。

必ず無機塗装の施工実績が豊富な業者を選びましょう。

無機塗装が適している状況

屋根塗装工事必要なタスペーサーとは

下記に当てはまる場合は、無機塗料による塗装が適している状況であるといえます。

 

  • メンテナンスにかかる費用を安くしたい場合
  • 塗装の色や質感に強いこだわりがない場合

 

1つずつ解説していきます。

メンテナンスにかかる費用を安くしたい場合

メンテナンスにかかる費用を安くしたい場合は、無機塗装がおすすめです。

有機塗料は無機塗料に比べると、経年劣化が早く進行します。

 

塗装は一定の期間が経過すると、再塗装や補修などのメンテナンスをしなければなりません。

再塗装や補修をする場合は、足場や養生などの仮設費用が多くかかります。

無機塗装をすることによりメンテナンスの頻度を少なくできるので、仮設費用の削減ができます。

塗装の色や質感に強いこだわりがない場合

塗装の色や質感に強いこだわりがない場合は、無機塗装が適しています。

 

無機塗料は有機塗料に比べると、ツヤが強い材料です。

ツヤを抑えることも可能ですが、その場合は耐久性や防汚性が下がってしまいます。

また、無機塗料は有機塗料に比べると、色の種類が少ないのが特徴です。

まとめ:機能性を重視するなら無機塗装がおすすめ

8e0ba2bbad22dcf344ee1f4aa8a222ea-2-e1575528441651

無機塗料による塗装は、耐久性や不燃性などの機能性に優れています。

しかし、色や質感の選択肢が少ない材料でもあります。

外観よりも機能性を重視する場合は、無機塗料による塗装がおすすめです。

 

無機塗装以外の塗料を知りたい場合は「屋根塗装でおすすめの塗料の特徴、価格を種類ごとに徹底解説!」もチェックしてみましょう。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん宮崎店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-920-015