オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

軒天の塗装は必要?役割や塗装時期の見極め方、塗装方法を解説!


住宅を長持ちさせるためには定期的な塗装工事が必要ですが、屋根や外壁に比べて見落としてしまいがちなのが軒天の塗装です。

普段意識することの少ない軒天は、実は建物を守るための重要な役割を担っています。

軒天の劣化を防いで大切なご自宅を守るためには、定期的な軒天塗装が必要です。

 

この記事では、軒天の役割や塗装が必要な理由から、軒天塗装のタイミングの見極め方や方法まで詳しく解説していきます。

軒天(軒裏天井)とは?

【宮崎県宮崎市】清武町にある35坪の住宅で屋根をセミフロンルーフ(スレートブラック)で塗装していきます!軒天上塗り_1_確定

「軒天」とは、外壁よりも飛び出した軒と呼ばれる屋根の先の、裏側の部分のことです。

軒の下に立って上を見上げた際に見える天井にあたる部分であるため、軒裏天井、軒天、または軒裏などと呼ばれます。

 

建物を守る様々な役割を持っているため、定期的な塗装やメンテナンスが必要です。

 

軒天の役割

軒天には、外観を美しく整えること以外にも、以下のような役割があります。

 

  • 雨や紫外線から外壁を守る
  • 火災時に屋根への延焼を防ぐ
  • 屋根裏の換気を確保する

 

あまり目立つ場所ではない軒天ですが、建物の状態を保つための重要な役割をいくつも担っています。

人目に触れづらい場所だからといってメンテナンスを忘れてはいけません。

 

軒天塗装が必要な理由

軒天の強度や機能を守るために、表面をコーティングして保護する軒天塗装が必要です。

塗装が劣化した状態のまま放っておくと、外観的に見苦しいだけでなく、軒天の素材自体の劣化も進行してしまいます。

 

軒天の状態が悪いと、すが漏りや雨漏りが発生して建物内部が腐食してしまったり、屋根裏に小動物が侵入し住み着いてしまったりといった問題が発生する場合があります。

 

すが漏りとは、冬に起きやすい、室内に水が浸入してしまう現象です。

屋根に積もった雪が日光や室内温度で溶けて流れ落ちる際、外気温によって再度凍ってしまい氷の堤防ができることがあります。

氷の堤防部分に水が溜まり、屋根の隙間や破損箇所から水が内部に侵入してしまうことを「すが漏り」といいます。

 

建物を守る軒裏を保護するために、軒天の状態に合わせて軒天塗装を行いましょう。

 

軒天塗装の目安となる劣化のサイン

【宮崎県宮崎市】佐土原町にある30坪の住宅で100平方メートルのコロニアル屋根と雨戸・雨樋・軒天を塗装します!軒天上塗り_1_確定

軒天の再塗装が必要な頻度は使用した塗料によって異なりますので、劣化のサインを見落とさずに塗装工事を行う必要があります。

軒天塗装のタイミングの目安となる劣化のサインを解説していきます。

 

色褪せやチョーキングが見られる

軒天の塗装に色褪せやチョーキングが見られる場合は再塗装を検討しましょう。

直射日光の当たらない軒天が、照り返しによって色褪せしている状態は劣化の兆候です。

また、表面が粉っぽくなるチョーキング現象が見られる場合も塗膜が劣化しています。

 

どちらも直ちに問題が発生するほどの劣化ではありませんが、軒天本体の耐久性を維持するためにも早めの軒天塗装を検討されることをおすすめします。

 

塗膜が剥がれている

軒天の表面の塗膜が剥がれてきている場合は再塗装が必要な時期です。

見た目にもはっきりと劣化が分かる状態と言えます。

 

塗装が剥がれた状態をそのままにしておくと、軒天の素材自体が傷んでしまいます。

軒天本体の劣化が進んでしまうと塗装だけでなく張り替え工事や補修なども必要になってしまうため、できるだけ早く軒天塗装を行いましょう。

カビやコケが発生している

軒天にカビやコケが発生している場合も早期の再塗装が必要です。

劣化の症状が軽度の場合は表面のカビやコケを削り落として塗装をするだけで済みますが、重度の場合は軒天材の交換が必要になります。

 

軒裏は湿気がたまりやすい場所ではありますが、軒天にカビやコケが発生した場合は通気の確保が十分でないケースもあるため、合わせて業者に点検してもらいましょう。 

シミができている

軒天にシミができている場合は、既にすが漏りや雨漏りが発生してしまっているケースがほとんどです。

屋根の内側の腐食が進んでしまう前に、早急に専門家に見てもらう必要があります。

 

シミができた軒天を剥がして内部を点検して、新たに軒天材を施工して塗装工事を行います。

屋根の内部の状況によっては大規模な補修工事が必要になる場合もありますので、軒天のメンテナンスは定期的に行いましょう。

 

DIYで軒天塗装を行うことはできる?

07b284f03dab18a168c83feb539a2bca-20-e1603663303823

DIYでの軒天塗装は不可能ではありませんが、初心者にはおすすめできない工事です。

軒天塗装の工事は、劣化部分を補修して古い塗膜や汚れを落としてから、下塗りを行い、上塗り用の塗料を二層塗り重ねる、という流れで行います。

 

軒天塗装は、屋根付近の高所での作業であることに加え、上を見上げながらの塗装になるため、不慣れな人にとっては想像以上に難しい工事です。

また、ただ色塗りをすればいいというわけではなく、軒天を保護する塗膜をムラなく形成しなければならないため、高い技術が必要になります。

 

軒天塗装は信頼できる業者に依頼しよう!

07b284f03dab18a168c83feb539a2bca-28-e1607062345925

安全性と施工精度の観点から、軒天塗装はプロの業者に依頼することをおすすめします。

また、プロの目で軒天の状態を確認してもらうことで、劣化状況に合わせたより適切な軒天塗装の工事を行うことが可能です。

 

軒天の再塗装が必要な劣化のサインを見落とさず、信頼できる業者に軒天塗装を依頼して、ご自宅を劣化から守りましょう。

もし宮崎市で雨漏りが心配な場合はいざというのときのために宮崎市で屋根修理・雨漏り・瓦の補修するなら「街の屋根やさん」もチェックしておきましょう。

 

 

 

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん宮崎店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-920-015