オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

無落雪屋根リフォームの費用相場は?安くて安心な工事依頼方法も紹介


雪屋根

「無落雪屋根リフォームの費用相場が知りたい」

「無落雪屋根リフォームを安くする方法が知りたい」

 

豪雪地帯においては、雪おろしの負担を軽減するために屋根に雪対策を施しておきたい人もいるでしょう。

 

今回は、雪下ろしの負担を軽減できる「無落雪屋根リフォーム」の費用相場と、工事費を安くする方法について紹介します。

 

無落雪屋根リフォームの費用相場

定規

無落雪屋根リフォームにおける施工費用の相場は100~300万円です。

無落雪屋根には以下のような形式があります。

 

  • スノーダクト式:緩やかなV字形状の屋根で、溶けた雪を屋根の中央から排水する形式
  • フラットルーフ式:平らな形状で、屋根の下に雪が落ちるのを防ぐことができる形式

 

積雪対策は無落雪屋根だけでなく、雪止めや融雪設備を整える方法もあります。

なお積雪対策にかかる工事の費用は以下となります。

 

積雪対策工事ごとの費用相場 

工事内容

費用相場

備考

雪止めの後付け

1040万円

足場の要否や屋根材の種類によって費用が異なります

無落雪屋根

100300万円

無落雪屋根の形式によって費用が異なります

融雪設備

50250万円

設備の設置範囲や品質によって費用が異なります

雪止めは工事費用が安価な分、劣化しやすく支えられる積雪量にも制限があります。

 

他にも無落雪屋根と融雪設備を組み合わせた工法を推奨しているメーカーや太陽光発電と組み合わせた工法もあり、積雪対策の方法は多種多様です。

 

無落雪屋根リフォームの費用を安くする方法

屋根の養生とは

無落雪屋根は屋根全体のリフォームが必要となるため高額な費用がかかります。

費用は安く済ませたいところですが、金額だけで業者を選ぶと手抜き工事をされてしまうこともあるでしょう。

 

以下では、工事の品質を損なわずに費用を安くするための方法について紹介します。

 

地元の気候に詳しい業者依頼する

どの形式の無落雪屋根が適しているかを判断するのは業者です。

積雪量は地域によって異なるので、地元の気候に詳しい業者を選ぶようにしましょう。

 

大掛かりな工事になるので、現状調査の報告や見積書からも誠実な対応ができる業者か判断して、安心して依頼できる会社を選定するのがおすすめです。

補助金制度を利用する

豪雪地帯の自治体では、雪下ろしの負担軽減や危険回避のため「克雪住宅普及促進事業」「克雪すまいづくり支援事業」などの名称で補助金制度を設けていることがあります。

 

自治体のホームページでも確認することができますが、補助金対象の条件を満たしているのか判断が難しい場合もあるので、業者に直接聞いてみたほうが確実でしょう。

 

業者にとっても依頼主の支払いできる金額が増えるのは嬉しいことなので、手続きの一部を代行してもらえる場合があります。

無落雪屋根リフォームの費用相場を把握して工事費を安くしよう

瓦の違い

無落雪屋根リフォームは地元の業者に依頼することで気候に合った工事を提案してもらえることが多いです。

 

ただし、地元企業といっても高額な見積もりを出される場合があるので、あらかじめ費用相場を知っておくことが大切です。

費用相場や補助金についてある程度は把握して、賢く屋根リフォームを依頼するようにしましょう。

 


【一緒に読みたい記事】

「屋根リフォーム費用を工程・材料ごとにチェック!安くする方法も注目」

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん宮崎店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-920-015