オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根を屋上にリフォームする費用を紹介!メリットやデメリットも解説


b20df957402bf53c570259769881e41d-e1575559783389

家のなかで一番日当たりが良い場所、それが屋根です。

 

「日当たりのいいバルコニーがあったらいいな」

「ペットと遊んだり、バーベキューをしたり、楽しめるテラスが欲しい」

 

そんな希望がある方は、屋根を屋上へと変えるリフォームを考えてみませんか。

 

この記事では、以下のポイントを解説します。

 

  • 屋根を屋上に改修する場合の費用相場
  • 屋根を屋上にリフォームした後のメンテナンス費用

 

ぜひ、リフォームの参考になさってください。

 

屋根を屋上に改修する場合の費用相場

末吉町ウレタン防水

屋根を屋上にリフォームするのは大工事です。

 

1階部分の屋根を解体して、新しくバルコニーをつける場合は、100~150万円程度を想定しておきましょう。

 

もともとある平らな屋根の部分を屋上に変える場合は、素材やデザインにもよりますが、費用は10~12万円(1平方メートルあたり)が目安です。

 

また、バルコニーへ上がるための階段が必要な間取りになる場合もあります。

外階段を設置する場合は20~45万円、内階段では70~80万円程度が追加で必要となります。

 

屋根を屋上にリフォームするメリット・デメリット

宮崎市シート防水

屋根を屋上にリフォームすることによって想定されるメリット・デメリットを考えていきましょう。

 

メリットは、日当たりのよい広い空間が手に入ることです。

ガーデニングを楽しんだり、洗濯物を干したりと、日当たりの良さを満喫できます。

 

デメリットは、屋根を屋上にリフォームするには断熱や騒音対策、地域による建ぺい率のチェックなど、さまざまなチェックが必要な点です。

 

また、もともとの屋根のところに床面や窓を作ることになるので、雨漏りしない工夫も必要です。

屋根を屋上にリフォームした後のメンテナンス費用

メンテナンスに必要な費用

屋上のリフォームの仕上げには、主に3種類があります。

どれを選んでも約10年ごとに防水のメンテナンスが必須となります。 

 

メンテナンスの種類

1平方メートルあたり費用

特徴

ウレタン塗装

4,000

やや劣化しやすいが複雑な形状も塗装で仕上げられる

防水シート

5,000

破れやすいが、メンテナンスが簡単

FRP(繊維強化プラスチック)防水

6,000

強度や防水性が高く、メンテナンスが簡単

 

屋根を屋上にリフォームする場合はメンテナンス費用も把握しておこう

瓦リフォームの費用とは

新しい暮らしへの夢がふくらむ、屋根を屋上にリフォームする工事ですが、さまざまな注意が必要です。

 

初期の費用とともに、階段まわりやメンテナンスの費用も含めて把握しておきましょう。

また、雨漏りの注意が必要なので、屋根から屋上へのリフォームに実績のある業者を選ぶと安心です。


【一緒に読みたい記事】

「屋根リフォーム費用を工程・材料ごとにチェック!安くする方法も注目」

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん宮崎店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-920-015