オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根の形状変更にかかる費用は?注意点もあわせて解説


「隣の家に雪が落ちない屋根の形にしたい」

「屋根裏収納を作りたい!」

 

屋根の形を変えたら叶う夢をお持ちの方もいるかもしれません。

形状変化にかかる費用を詳しく知りたい方のために、この記事では下記を解説しています。

 

  • 屋根の形状変更の費用相場
  • 工事のほかにも費用がかかるかどうか
  • 確認申請はどうなるのか

 

大きな夢を叶える一歩に、ぜひ最後までこの記事を読んでくださいね。

屋根の形状変更は大工事!費用相場を解説

0-0-e1592956499331

屋根には多種多様な形があり、特徴もさまざま。

費用も幅広く、だいたい100~700万円の工事となります。 

 

金額

特徴

切妻屋根

200400万円

シンプルでベーシックな屋根。小屋裏収納や屋根裏の換気設備を設置しやすい

寄棟屋根

300600万円

風に対して強い構造。壁面を減らせるので外壁の保護性に優れている

片流れ屋根

200350万円

窓を高いところにとれるので採光性がいい。シンプルで雨漏りのリスクが低い。

陸屋根

100300万円

落雪対策が必要ない。雨水が流れないので防水メンテナンスが必須

工事の金額だけでなく、後々のメンテナンス費用まで考慮して、屋根の形状を決めることが大切です。

 

屋根の形状変更は、想定外の費用がかさむことがある

5b755104e13e76ba2f7c9be6d8098447-e1569856064908

屋根の高さを今現在のものより高くするのなら、確認申請が必要になる場合があります。

申請費用は25~30万円かかります。

 

また、屋根の形状リフォームは大工事なので、住みながらのリフォームはほぼ不可能です。仮住まいのお金も計算にいれておきましょう。

 

屋根の形状変更の費用を抑えるにはリフォームに慣れた業者を選ぼう

c3a1dd92d4048ec1a5611beada3db10c-1-e1569748290465

屋根の形状変更は珍しい工事ですから、業者も担当者も慣れた人を選びたいものです。

敷地の斜線規制や確認申請など、気を付けるべきことがたくさんあるので、親身になってくれる経験豊富な業者を選びましょう。

 


【一緒に読みたい記事】

「屋根リフォーム費用を工程・材料ごとにチェック!安くする方法も注目」

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん宮崎店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-920-015