オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

瓦屋根のリフォーム費用は?種類とリフォーム方法ごとに解説


スペイン瓦2

「古くなってきた家で瓦屋根だと地震が心配だな」

「瓦屋根をリフォームするとしたらどのくらい費用がかかるのか」

 

瓦屋根のお宅にお住まいの方なら一度は思うことでしょう。

この記事では、以下のポイントを解説していきます。

 

  • 屋根瓦の種類
  • 瓦の種類によって違うリフォーム方法と費用

 

納得のいく瓦屋根のリフォームのために、ぜひお読みください。

 

屋根瓦のリフォーム費用の相場

壁のし瓦 取り直し

屋根瓦には2種類があり、和瓦とセメント瓦に大別されます。

和瓦は、粘土を焼いて作った瓦で、素焼きや釉薬をかけたものがあります。

セメント瓦は、セメントを瓦の形に成形したものです。

 

リフォームの工法がまったく違うので、まずは自宅の屋根瓦の種類を確かめましょう。

 

和瓦の場合

和瓦は、割れや傷みがなければ何度でも使えます。

耐用年数は100年と言われ、塗装も不要です。

和瓦のリフォームは、載せ替え、既存瓦の葺き直し、補修の3つがあります。

 

全体的に割れや劣化がみられる場合は、新しい瓦に載せ替える工事をします。

約30坪の家で120万円が目安です。

 

瓦は耐用年数が長く、塗装などのメンテナンスがいらないのが大きなメリットです。

デメリットは、瓦が重いので耐震性の心配があること、廃棄物処理のお金がかかることです。

 

瓦がずれていたり、一部が破損していたりするものの、多くの瓦が傷んでいない場合は、既存の瓦での葺きなおしをします。

 

30坪の家で60万円程度の工事となります。

葺き替えに比べて安あがりですが、補修箇所に同じ瓦がないことがあるでしょう。

 

屋根の棟(一番高い部分)の漆喰を補修したり、割れた瓦を交換したりするだけですむ場合もあります。

足場がいらなければ、5~30万円程度と安あがりです。

 

セメント瓦の場合

セメント瓦は耐用年数が20年程度のため、一般に葺き直しはおこなわれず、葺き替えか塗り直しが主な工法となります。

 

現在、セメント瓦は価格と耐用年数のコストパフォーマンスが悪いため、生産されなくなってきています。

そのため、別の屋根材への葺き替えが主流となっています。

 

一例として、屋根材をガルバリウム鋼板に葺き替えた場合は、30坪で100万円程度かかります。

 

この場合、瓦屋根の重さが軽減されるというメリットはありますが、やや高額な葺き替え工事となります。

セメント瓦は、防水塗装がされており、塗装膜が劣化する前に塗装メンテナンスが必須です。塗装の膜がなくなると、すぐにセメント瓦自体が劣化し、雨漏りなどにつながります。

 

塗装にかかる費用は、30坪で25~40万円程度です。

塗装は他の屋根工事に比べて価格が安いのはメリットですが、約10年後に再塗装か葺き替えが必要です。

 

屋根瓦のリフォーム費用を知るために素材の種類を把握しよう

セメント瓦 塗装

屋根瓦の種類によって、リフォームの工事と費用が変わるため、まずは自宅の屋根瓦の種類を確認しましょう。

 

また、補修をする際には予備の瓦を何枚かおいておくと、次の部分補修のときに同じ瓦を使えるので便利です。


【一緒に読みたい記事】

「屋根リフォーム費用を工程・材料ごとにチェック!安くする方法も注目」

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん宮崎店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-920-015