オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

瓦がずれてしまった!補修工事の相場はどのくらい?費用を抑える方法も解説


セメント瓦 塗装

「瓦がずれていると訪問業者に言われた」

「瓦が数枚ずれているが、業者に頼むといくらかかるのだろう……」

 

台風のあとなどは、屋根瓦がずれてしまうことがよくあります。

屋根瓦のずれを放置しておくと、下地の板にまで雨水がしみ込んで雨漏りや構造体の腐食などが起こる原因となります。

 

この記事では、屋根瓦のずれに関する下記を解説しています。

 

  • 屋根瓦のずれを補修する費用相場
  • 屋根瓦のずれで火災保険が使えるケース

 

最後まで読んで、お得に補修工事をしてください。

屋根瓦のずれを補修する工事の費用相場 

瓦リフォームの費用とは

屋根瓦のずれを補修する工事を、規模ごとに紹介します。

全体的にずれてしまった場合 

大きな台風や豪雪のあとなどは、屋根瓦が全体的にずれてしまっている場合があります。

予算は、足場代を入れて30万円程度みておきましょう。

 

屋根の面が合わさっている部分の棟瓦も、崩れたり歪んだりしていないかチェックしておきましょう。

数枚がめくれたりずれたりしている場合 

 

足場が必要ない場所だと、点検費用と同程度の1~2万円ですむことがあります。

DIYできそうならそれも可能ですが、必ず2人1組のペアで行うことが重要です。

 

また、瓦がずれるような台風や大雪なら、内部の漆喰なども破損している可能性もあるので、プロの目での点検を受けることも大切です。

自然災害による瓦のずれなら火災保険で費用が安くなる可能性がある  

素焼き瓦の工事費用

風災、雪災など、自然災害による瓦のずれの工事なら、火災保険がつかえる場合があります。基本的には20万円以上の工事が対象です。

経年劣化は対象外なので要注意です。

 

火災保険が使えるかどうかは契約内容によりますので、業者の見積もりが出たら保険会社に問い合わせてみましょう。

屋根瓦のずれは火災保険で費用を抑えて補修しよう 

f9cfa187fe94fe904ff05080956269d0-1-e1575441919807

高額になりがちな屋根修理ですが、自然災害が原因の場合は火災保険が使える場合があります。

保険の確認をして費用を抑えて補修しましょう。


【一緒に読みたい記事】

「屋根リフォーム費用を工程・材料ごとにチェック!安くする方法も注目」

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん宮崎店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-920-015