オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

瓦を1枚だけ交換したときの費用相場は?DIYで安くなるの?


壁のし瓦 取り直し

台風や豪雨などで屋根瓦が1枚だけ破損してしまった、飛んでしまった!

そんなときでも、瓦は1枚から交換できます。

この記事では、以下のことを解説します。

 

  • 屋根瓦を1枚だけ交換するときの費用相場
  • 注意点と安くあげるポイント

 

たかが瓦1枚、されど瓦1枚。

大切な我が家を守るため、さっそくチェックしていきましょう。

 

屋根瓦を1枚だけ交換するときの費用相場

壁のし瓦 取り直し

屋根瓦を1枚だけ交換する場合の費用を材料費、手間賃、DIYに分けて紹介していきます。

屋根瓦の材料費

瓦の1枚の価格は300円以上です。高級な和瓦でも1,000円程度でしょう。

工事にかかる手間賃

瓦屋根を1枚だけ交換する工事にかかる手間賃は、足場を使わない場合で1~5万円程度でしょう。

足場が必要な場所の場合は、足場代がかかるので、20万円程度です。

DIYした場合の費用相場

予備の瓦がある場合、もしくは割れた瓦が補修できそうな場合で足場が不要な場所なら、自分で修理してみるのもひとつの案です。

 

補修用の防水ダクトテープ、瓦パテはどちらも1,000円以下で手に入ります。

ただし高所の作業になるので、必ず2人1組のペアで行うこと、ほかの瓦を踏まないことなど、細心の注意が必要です。

屋根瓦を1枚だけ交換する際の注意点と費用を抑えるポイント

瓦屋根固定の方法とは

屋根瓦を1枚だけ交換する際は注意点があります。

また、費用を抑えるポイントも一緒に解説していきます。

同じ瓦が廃盤になっている場合がある

瓦は多種多様な種類があり、同じ製品が手に入らない場合もあります。

特にセメント瓦は、現在ほとんど生産されていないため、現場で似た瓦を加工してもらうことになり、費用単価がやや上がります。

割れた箇所が雨漏りしている場合がある

瓦が割れて雨漏りしている場合は、下に貼られている防水シートも破損していると考えられます。

その場合は、防水シートや下地の板を補修してから、瓦を取り付ける必要があります。

自然災害の場合は火災保険で安くなる可能性がある

経年劣化ではなく、台風といった自然災害によって瓦が破損した場合は、火災保険が適用できる場合があります。

 

主に「風災と認められ」、「屋根修理の費用が20万円以上」であるという条件がありますので、本格的な工事が必要な場合は、火災保険の利用を検討しましょう。

瓦は1枚から交換できるので火災保険を使って費用を抑えよう

瓦屋根固定を行う費用

瓦屋根は1枚から交換できるのが大きなメリットです。

1枚の補修だけなら、DIYや手軽な修理ですみますが、足場を使ったり、下地を直したりといった本格的な修理の場合は、火災保険を使えるかどうか確認してみましょう。


【一緒に読みたい記事】

「屋根リフォーム費用を工程・材料ごとにチェック!安くする方法も注目」

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん宮崎店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-920-015