オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

スレート屋根へのカバー工法の費用相場は?おすすめの屋根材も紹介


屋根塗装 化粧スレート

「そろそろスレート屋根のメンテナンスをしないと」

「だけどお金はできるだけかけたくないな……」

 

スレート屋根は、日本でもっとも普及している屋根材ですが、アスベストなど独特の問題があり、メンテナンスには知識が必要です。

 

この記事では、以下のことを解説しています。

 

  • スレート屋根のカバー工法の費用相場
  • スレート屋根のカバー工法のメリット・デメリット

 

スレート屋根のカバー工法への理解の一助となりますよう、最後まで読んでみてください。

スレート屋根へのカバー工法の費用相場 

スレートに含まれる足ベストとは

スレート屋根でもっとも利用されているカバー工法の素材は、ガルバリウム鋼板屋根です。

ガルバリウム鋼板でのカバー工法を選択した場合、30坪の住宅で費用は100〜240万円程度となるでしょう。

スレート屋根はメンテナンスが必要 

スレート屋根は定期的なメンテナンス塗装が必要で、耐久性は20年程度と言われています。

塗装の膜がはがれたり、屋根材が寿命を迎えたりすると、耐水性が落ち、住宅が雨漏りするおそれがあります。

 

スレート屋根からガルバリウム鋼板へカバー工法する場合の費用相場

屋根の上にもう1枚の屋根を作るカバー工法では、屋根材に軽量なガルバリウム鋼板を使うのが現在の主流です。

 

予算は30坪の住宅ではおおよそ100万円ですが、既存の屋根が激しく傷んでいる場合などは、下地板を新設するなどで料金が加算されます。

スレート屋根へのカバー工法をするメリット・デメリット 

アスベスト含んだスレート

スレート屋根へのカバー工法をする場合のメリットは、廃材が少なく、工事費が抑えられることです。

 

また、2000年以前に施工されているスレート屋根はアスベストを含んでいる場合があり、葺き替え工事をすると、処理や工事の費用が割高になります。

 

カバー工法の場合は、アスベストの飛散を気にしなくていいのが大きなメリットでしょう。

 

デメリットは、太陽光発電システムの設置が難しくなること、少し屋根が重くなり耐震性が下がることです。

 

スレート屋根の交換費用を安くしたいのならカバー工法がおすすめ

波型スレート メンテナンスのご相談

スレート屋根の交換は、カバー工法を選ぶと既存屋根の廃材処分料が不要になるので安くなります。

 

特にアスベストを含んでいるスレート屋根材だと、カバー工法で施工するとアスベスト飛散防止の費用と処分料金が必要ありません。

そのため、カバー工法は安くなるため積極的に利用しましょう。

 


【一緒に読みたい記事】

「屋根リフォーム費用を工程・材料ごとにチェック!安くする方法も注目」

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん宮崎店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-920-015