ステンレス屋根のメリット・デメリット!ガルバリウム鋼板との比較も紹介


df127f9f9181c2798d4ca39dc389096d-e1575507805362


 

「ステンレス屋根はメンテナンスしなくてもいいの?」

「ステンレスとガルバリウム鋼板はどちらがいいのだろう?」

 

このような悩みをお持ちの人は多いでしょう。

 

この記事では、ステンレス屋根について解説します。

具体的には、以下の内容について解説します。

 

l  ステンレス屋根のメリット・デメリット

l  メンテナンス時期と方法

l  ステンレス屋根とガルバリウム鋼板はどちらがいいのか?

 

ステンレス屋根のメリット・デメリットを知ることで、

納得のいく屋根材選びができるでしょう。

 

ステンレス屋根とは?

c6c0e9e5686a511a6bbdd7a1d52135ae-e1575507895408


 

ステンレスとは、鉄を主成分としてクロムやニッケルが含まれた合金のことです。

 

ステンレスは錆びにくい素材のため、キッチンなどの水回りに多く利用されていますが、

屋根材としても優れた性能を発揮します。

 

屋根材の多くは、ステンレス表面に塗料を焼付塗装した「カラーステンレス」が使われています。

ステンレス屋根のメリット・デメリット

5bbe725fc35365c714f485ffdb8976da-e1575507970401


 

ステンレス屋根のメリット・デメリットをご説明します。

ステンレス屋根のメリットは、以下の通りです。

 

l  錆びにくい

l  耐候性がある

l  劣化しにくい

l  ランニングコストがかからない

 

ステンレス屋根は錆びにくく劣化しにくいため、メンテナンスフリーと呼ばれることもあります。

耐用年数は50ともいわれています。

 

メンテナンスフリーと呼ばれる製品でも、

完全にメンテナンスが不要なわけではありません。

 

メンテナンスの手間がほとんどかからないため、

ランニングコストを抑えられることが大きなメリットでしょう。

ステンレス屋根におけるデメリットは、以下の通りです。

 

l  防音性や断熱性に劣る

l  表面が傷つきやすい(ヒョウによる被害など)

l  製品価格が高い(ガルバリウム鋼板の23倍)

 

丈夫で長持ちする反面、金属製であるがゆえに、防音性や断熱性、

傷つきやすさなどのデメリットがあります。

ステンレス屋根におけるメンテナンス時期と方法

0fcd883cd1b09c58946c9615feae118d-e1575508135268


ステンレス屋根におけるメンテナンス時期と方法をご説明します。

ステンレス屋根は基本的にメンテナンスフリーだと言われています。

 

しかし、塗装された色合いは経年劣化により色あせてきます

色あせても性能的に致命的な問題はありませんが、外観が気になる場合は

20年程度を目安に塗装工事を行うといいでしょう。

 

また、屋根は目が届きにくい場所のため、

気付かないうちに思わぬ不具合が起きていることがあります。

 

知らないうちに不具合が進行してしまうと、大がかりな修復工事をしなければなりません。

異常を早めに発見するためにも、

屋根を業者に定期的に点検してもらうことをおすすめします。

 

ステンレス屋根の主なメンテナンス方法は塗装工事です。

費用相場は4060万円です。

 

また、ステンレスは塗装が付着しにくい素材のため、入念な下処理が必要です。

メンテナンスを依頼する際は、ステンレス屋根の塗装に詳しい業者にお願いしましょう。

ステンレス屋根とガルバリウム鋼板はどちらがいい?

6d90babdc9408a90eb1aa786ae29fad7-e1575508511330


 

金属製で同じような性能をもつ、ステンレス屋根とガルバリウム鋼板。

屋根材を選ぶ際に、どちらを選べばいいか迷う人はとても多いです。

 

ここでは、ステンレス屋根とガルバリウム鋼板の違いをご説明します。

それぞれの耐用年数は、以下の通りです。

 

l  ステンレス屋根:50

l  ガルバリウム鋼板:30

 

ステンレスは住宅の水回りにも多く使われていることから、

劣化に強いことがわかります。

それぞれの初期費用は、以下の通りです。

 

l  ステンレス屋根:10,00014,000円/平方メートル

l  ガルバリウム鋼板:6,0009,000円/平方メートル

 

初期費用は、ステンレス屋根が23倍ほど高くなります。


しかし、ステンレス屋根はメンテナンスがほとんどかかりませんので、

ランニングコストがあまりかかりません

 

性能面では、ステンレス屋根の方が錆びにくいです。

海沿いの地域などでは、ステンレス屋根の方が安心でしょう。

まとめ:ランニングコストを抑えたいならステンレス屋根がおすすめ

c22692aeb845e98f35b5bd27af177a87-e1575508710791


 

ステンレス屋根は、初期費用はかかりますがメンテナンスの手間はかかりません。

ランニングコストを抑えたい場合は、ステンレス屋根がおすすめです。

 

しかし、ステンレス屋根は取り扱いが難しく、専門の知識と技術が必要です。

工事を依頼する場合は、複数の業者に見積りを取り、経験と実績が豊富な業者を選択しましょう。

 

ステンレスより安価で手に入るガルバリウム鋼板の屋根リフォーム費用は、

ガルバリウム鋼板で屋根リフォームをする費用と安くするコツ

で紹介しています。


信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん宮崎店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-920-015