オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

コロニアル屋根に使うタスペーサーってなに?



皆様、「タスペーサー」というものをご存知でしょうか?



ずばり、タスペーサーとは
コロニアル屋根のお宅を塗替え工事の際に使用するものです。
summy-net_y-tasupe-sa-02-kuro

上記画像がタスペーサーです。
コロニアル屋根のお宅でタスペーサーを使用しているところが多く見られます。


ータスペーサーの役割・メリットー

a

まずタスぺーサーの役割については、
コロニアル屋根の塗装工事を行った場合、もともとコロニアルとコロニアルとの重なり部分に隙間があったところに
塗膜がつき、台風時などの横風で進入してきた雨水が排出されなくなってしまいます。
屋根に雨水が溜まったままの状態になり、結果的に腐朽や雨漏りの原因になります。

以前は、塗装の職人さんが塗装後にカッターやヘラで屋根の隙間を造りだしていました。(縁切り作業)
この作業をするかしないかで、屋根の寿命につながります。】
しかし、この作業には手間が大分かかってしまいます。

そこで開発されたのがタスペーサーなのです!
タスペーサーを重なり部分に入れることで、縁切り作業を適切に行え、
従来の工法での作業時間も大幅短縮!長期的に下地への通気性を確保できます。

ータスペーサーの必要性ー



これまで、タスペーサーの役割やメリットをお話しさせていただきました。

上記に記載した通り、確かに「屋根を塗った事が原因で雨漏りしてしまう場合」もあります。

それを回避するためにタスペーサーを使います。


ただ、「タスペーサーを使わないと、必ず雨漏りしてしまう」というような記事がホームページやチラシにありますが、それは間違いです。

必ずしも、すべてのコロニアル屋根の塗替えをするときにタスペーサーが必要不可欠!というわけではないのです。



例えば、重なり部分の隙間が4mm以上になる屋根の場合は、タスペーサーが固定されないため落ちてしまいます。また、屋根の勾配が緩やかな屋根の場合は、タスペーサーの効果が十分に得られないど、従来の方法での縁切りの必要のない工法での塗装をしています。


最近ではインターネットで簡単に情報が入る時代でもあるので、タスペーサーのメリットだけ知った方などが屋根塗装の見積もりを取った時に「タスペーサーの項目がないけどこの業者大丈夫かな?」と心配する人もいらっしゃいます。
前述の通り、タスペーサーは全ての屋根に必要な物ではありませんので「タスペーサーの項目がない=信頼できない業者」という訳ではありません。

どうしても心配であれば「なぜタスペーサーを使わないのか?」と質問してみることがいいかもしれません!



今回は、タスペーサーについてお話しさせていただきました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん宮崎店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-920-015