オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

台風でも飛ばない屋根と、材料ごとのメリット・デメリットをご紹介!


アスファルトシングル3

近年、地球温暖化の影響によって、日本全国で台風の被害が頻発しています。

 

「台風で屋根が飛ばされないか心配」

「どんな屋根だったら台風で飛ばされないの?」

 

上記のような疑問や不安をお持ちの方は多いのではないでしょうか。

 

この記事では、建築の国家資格を持つ専門家が、台風に強い屋根について皆さんの疑問や不安を解消します。

具体的には、以下の内容を記載しています。

 

・台風がもたらす屋根の被害

・屋根材料ごとの特徴

・台風対策としてのメリット・デメリット

・どの屋根材料が台風に強いのか

 

記事を読んで屋根選びの参考にしてみてください。

台風がもたらす屋根の被害例

日本瓦はどのように固定しているのでしょうか

大雨や強風を伴う台風は、住宅の屋根に大きな被害を生じさせます。

しかし、屋根材料ごとのメリット・デメリットを知って屋根選びをすることで、台風による被害を防ぐことができます。

 

まずは、台風が屋根にどんな被害をもたらすのか、具体的な例を見ていきましょう。

 

強風で屋根が飛ぶ

台風の強風によって、屋根が飛ばされる被害が多く発生します。

よくあるのは、「棟板金」と呼ばれる、スレート屋根や金属屋根のてっぺんに覆うようにして設置されている金属製の板が飛ばされるというケースです。

 

さらに注意が必要なのが、瓦屋根です。

 

瓦屋根が飛んでしまった場合、周囲に大きな被害を発生させる恐れがあります。

大雨で雨漏りが発生する

台風で発生する被害として、大雨による雨漏りが挙げられます。

降水量が多いほど、屋根から雨漏りするリスクは高まります。

 

さらに、屋根の老朽化や施工ミスで破損や浮きがあった場合、雨漏りの原因となります。

特に金属屋根の錆や浮きは、雨漏りに繋がりやすいので注意が必要です。

台風で屋根が飛ばされてしまう理由

台風で屋根が飛ばされてしまう理由には、主に以下の3つがあります。 

・経年劣化
・メンテナンス不足 
・施工不良 

 それぞれの理由について、詳しく説明していきます。

屋根の経年劣化

屋根の経年劣化を放置しておくと、台風による強風で飛ばされやすくなります。 

屋根を定期的にチェックして、劣化している箇所は早めに補修するようにしましょう。 

また、屋根の耐用年数も把握しておき、時期がきたら重ね葺きや葺き替えを行うようにしてください。

メンテナンス不足

屋根は定期的にメンテナンスを行わないと、劣化しやすくなり、台風や地震などの衝撃で飛ばされたり落下したりします。

 屋根は定期的に掃除したり、塗装したりしましょう。

 屋根の塗装は、8~10年をめどにして行うことをおすすめします。 

ただし、塗装する塗料によって耐用年数は異なります。

 グレードの低いウレタン樹脂系は耐用年数が8~10年ほど、耐久性が高いフッ素樹脂系の塗料は15~20年と長いです。

 また、塗料の耐用年数に満たなくても、屋根の塗装面が剥がれていたり色あせが進んだりしている場合は塗り替えが必要です。

施工不良

屋根の施工に問題がある場合、屋根材が強風で飛ばされやすくなります。 

屋根を工事してから、数年で雨漏りしたり屋根材が落下したりした場合は、施工不良の可能性が高いです。

 施工した業者に連絡して、修理の相談をしましょう。

台風で屋根が飛ばされないようにするための方法

台風で屋根が飛ばされないように対処するための方法は、以下の2つです。

 ・棟板金の固定
 ・屋根材のメンテナンス 

 それぞれの方法を、わかりやすく解説していきます。

棟板金の固定

棟板金は、台風による強風や雨の影響を一番に受けやすい箇所なので、しっかりと固定しておかなければなりません。

 棟板金は耐久性の高い金属板でつくられていますが、雨風の衝撃を長く受けると、固定している釘が抜けてしまいます。 

釘が抜けたり緩んだりしていると、棟板金が台風の風で飛ばされてしまいます。 

台風の時期がくる前に、専門業者に依頼して棟板金のチェックをするようにしましょう。

屋根材のメンテナンス

屋根材別に、台風による被害を避けるためのメンテナンス方法があります。 

メンテナンス方法を、屋根材の劣化症状別に以下にて詳しく解説していきましょう。
金属屋根はサビやすく、放置すると破損したり雨漏りしたりするため早めに補修しなければなりません。 

金属屋根のサビは、塗装して補修します。 塗装する際は、サビ止めを塗布するようにします。
瓦屋根の一部がズレたり脱落したりしている場合、強風によって飛ばされてしまうため補修が必要です。

 定期的にチェックして、瓦がズレている箇所はないか確認しましょう。
漆喰が割れていると、瓦屋根が強風で飛ばされやすくなるため修理しなければなりません。 

漆喰とは、瓦同士を接着させるための材料で、主成分は石灰です。

 瓦屋根を見上げた際に、白く見える部分が漆喰です。  

漆喰が割れてしまうと、瓦がズレてしまいます。 台風によって被害が出る前に、漆喰の補修も必要です。

屋根材料ごとの台風へのメリット・デメリット

波型スレート屋根 とは

台風の強風を受けても飛びにくい屋根は、瓦屋根です。


重量が大きいので風で飛ばされにくく、最近では耐風性が高い乾式工法が主流となっており、ますます台風に強い屋根が作られています。


瓦屋根の乾式工法とは、瓦を固定する際に漆喰を使わず、棟補強金具を下地に設置する方法です。


漆喰を使うよりも軽量なので、住宅への負担も減らせます。 


以下では、屋根材料ごとに台風対策の観点からメリット・デメリットを紹介していきます。

 

・瓦屋根

・金属屋根

・スレート屋根

 

上記の3つを詳しくチェックしていきましょう。

瓦屋根

日本では古くから使われてきた瓦ですが、現在でも住宅の屋根としては一般的な材料です。


台風の多い沖縄や九州では、瓦屋根の住宅が多くなっています。

瓦屋根のメリットとしては以下の点があります。

 

・耐久性が高い

・重くて飛ばされにくい

 

重くて風に飛ばされにくいというのが瓦屋根の大きな特徴です。

デメリットには以下の2つがあります。

 

・湿式工法だと強風に弱い

・重いため風で飛んだ時に周囲に被害を出しやすい

 

瓦屋根を施工する際、昔は漆喰や土で固定するだけの湿式方法がとられていました。


そうした古い住宅の屋根は、瓦の重量だけで風に耐えることになります。


このため風雨で土や漆喰が崩れやすく、瓦が飛ぶ危険がありました。

 

しかし現在では施工の技術が進み、木材に瓦を打ち付ける工法などを用いることで、台風で飛ばされにくい屋根となっています。

台風の多い西日本の地域では、風で飛びにくい瓦屋根がおすすめです。 

 また、瓦屋根は断熱性が高いので、暑い地域に適した屋根材とも言えます。

金属屋根

金属屋根は、ガルバリウム鋼板やアルミなどの金属製の屋根材を葺いた屋根です。

 金属屋根は軽量で、屋根の重量を軽くできるため、地震対策として有効です。
メリットとしては、以下の点が挙げられます。 

・ガルバリウム鋼板は錆びにくい 
・隙間が小さいので雨漏りに強い
・メンテナンスの手間が少ない

金属屋根で一般的に使われるガルバリウムは耐候性が高いため、メンテナンスを頻繁にしなくても良いのが特徴です。
デメリットは以下の通りです。 

 ・軽いため風で飛ばされやすい 
 ・下地材はメンテナンスが必要

金属屋根は飛ばされやすいので、下地にしっかりと打ち付ける必要があります。
値段は多少高くなりますが、メンテナンス頻度を減らすことを重視する人には金属屋根がおすすめです。 


 耐久性が高いのでメンテナンスが少なくて済み、ランニングコストを抑えたり、定期的に業者を手配する手間が省けたりと、何かと楽な屋根材料だからです。

スレート屋根

スレートは、セメントで作った板状の軽い屋根材です。


現在の住宅の主流となりつつある屋根材でもあります。

メリットは以下の2つです。

・軽いため風で飛んでも瓦より被害が少ない
・釘で固定されるため風で飛ばされにくい

万が一飛ばされた場合も、瓦屋根は重いので周囲に大きな影響を与えますが、スレート屋根は軽い分、被害を抑えることができます。
デメリットとしては次の点が挙げられます。

・スレート本体を固定する釘が劣化しやすい
・定期的なメンテナンスが必須

スレートは劣化が早いため、台風対策としては定期的なメンテナンスが必要です。

値段重視という方には、スレート屋根がおすすめです。


なぜなら、スレート屋根は1平方メートルあたり5,000円がだいたいの相場となっており、とても安価な屋根材だからです。

 

安い分、耐久性は劣りますので、注意してください。

台風で屋根が飛ばされた場合の対処法

台風で屋根が飛ばされた場合、どのように対処すればいいか解説していきます。

 

もしもの場合に備えて、手順を確認しておきましょう。

専門業者に修理を依頼する

屋根が飛ばされたら、専門業者に依頼して早急に修理するようにしましょう。

 

屋根が破損した場合、雨漏りの原因にもなります。

 

雨漏りは住宅内部も劣化させてしまうため、早めの修理が必要です。

台風による屋根の破損は火災保険の補償対象

台風によって屋根が飛ばされて破損した場合、火災保険の補償対象となります。


火災保険を申請して、破損が補償対象と判断されれば修理費用がかかりません。


台風での被害が火災保険の補償対象となるためには、主に以下の条件をクリアしなければなりません。

 

・台風の風災による破損

・修理費用が20万円以上

・被害を受けてから3年以内

 

加入している火災保険によって条件は異なるため、保険証券を確認してみましょう。

まとめ:台風対策には瓦屋根がおすすめ!

瓦屋根固定の方法とは

瓦屋根は重量が大きく、飛ばされにくいので台風対策には1番有効的な屋根材です。


「乾式工法」といった新しい施工方法を用いることで、さらに飛ばされにくい屋根にできます。

 

この記事を参考にして、土地や住宅に合わせて、台風に強い屋根選びをしてみてください。

 

台風で屋根が壊れた際はリフォームが必要です。


詳しい情報は「屋根リフォーム費用を工程・材料ごとにチェック!安くする方法も注目」をご覧ください。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん宮崎店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-920-015