オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根の部材、どれくらいご存知ですか?



「家」というのは、様々な部材が組み合わさって成り立つものです。
目に見えるところ、見えないところがありますが、全てに意味があり、それぞれが家を支えています。
その家を支えている部材というものを、みなさんどのくらいご存知ですか?

屋根や外壁、雨どいなどはご存知の方が多いと思います。
しかし破風や鼻隠し、雨押え・・・というと、「何それ?」と思われる方も結構いらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は家に使われている部材について、主に屋根部分に関してのご紹介をしていきたいと思います!


棟(大棟、隅棟、降り棟)

1a327234556ac6261f6ee7997865a09e-e1573794510255-columns2
81ae3a3397782185cfbc71eed2fc6451-e1573795570483-columns2

大棟は、上記写真(左側)の黄色い枠で囲ってある部分のことです。
屋根の1番高い位置にある棟になります。


写真(左側)の水色の枠で囲ってある部分が、隅棟です。
寄棟や方形といった屋根で使われており、大棟から屋根の四隅に向けて伸びています。


写真(右側)のピンク色の枠で囲ってある部分が、降り棟です。
切妻屋根に見られ、大棟から真っ直ぐ軒先に向かって降りている棟のことです。

雨押え(あまおさえ)

fe5e55cb0d0a6d764c0aeb7c02df355d-e1573795880850

雨押えとは、外壁と屋根の取り合い部分に雨が入らないようにするための板のことです。

谷(たに)

bb16bea5f497d8b3d68db20b8043ec41-1-columns1

谷とは、写真のように2つの屋根が交わる部分のことです。
2つの屋根から流れてきた雨水が集まるところでもあり、雨漏れの原因になりやすい場所になります。

破風(はふ)

破風

破風は、切妻屋根の妻側に付いている板のことです。
耐風性や耐火性を高めたり、見栄えを良くするという機能もあります。
風や雨が直接あたるため、劣化がしやすい箇所になります。

鼻隠し(はなかくし)

c9e16c2b706000d614e612f9df8e5850-e1573794526635

鼻隠しは、雨どいが付いている板のことです。
破風と同じく見栄えを良くする機能や、屋根の強度を高める機能があります。
雨どいがあるため、風雨は直接当たりにくい場所です。


まとめ


いかがだったでしょうか?

日常生活の中で頻繁に出てくるものではないため、「知らなかった!」という方も案外いらっしゃるのではないでしょうか?
塗装や増築・改築など、これからお住いの工事をお考えの方は、ぜひ参考になさってみて下さい。

またご質問やお見積のご依頼の際は、街の屋根やさんまでご連絡下さい!











信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん宮崎店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-920-015