オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

葺替え・葺戻し・差替えの線引き


 葺替え・葺戻し・差替えの線引きについてご紹介します。屋根の異常に気がついた時、屋根の状態や工事予算で施工する内容は変わってくると思います。そんな時のちょっとした手助けになれば幸いです。
もちろん実際に調査してみないと分からない事もありますが、今の我が家の状態に合った適正な内容の工事を行えるように知識として知っていて損は無いと思います。

葺替え

葺替え タイミング
 葺替えとは現状の瓦(必要があれば下地木材・防水シート等まで)などの屋根材を撤去し、新しく瓦を乗せていく(必要があれば下地工事まで)工事です。場合によっては下地を現状のまま利用したり、既存の瓦の上から新しい下地を造り瓦を葺いていくカバー工法といったものもあります。
 葺替えの判断材料としては瓦や下地全体の劣化や寿命を見ます。日本家屋に一番多い和型の焼き瓦では一枚一枚がめくれますので何箇所かめくると分かりやすいです。和型の瓦には被さっている奥の方に下地の瓦ざんに引っ掛ける為の爪が付いています。焼き瓦の和型は劣化が進むと風化して爪の辺りが溶け出してきます。下地は瓦が寿命になると雨水の侵入からさん木や下地の板は腐りアスファルトルーフィングなどの防水材は破れ全体が腐っていきます。ここまで行くとめくらずとも引っ掛かりのなくなった瓦は固定されず、下から流れを見ると歪んでガタガタになっていき、歩けば腐った下地のせいで瓦が激しく動きブヨブヨした感覚になります。その他にも寿命が近づくと瓦は横に割れ出したり表面に欠けや砕けが出てきます。セメントやコンクリートの和型や、同じ素材の平板瓦も同じような事が言えます。陶器瓦は非常に長い寿命がありますが、中には瓦を作る工程での焼きの温度が低かったり、地域によっては凍害や塩害によって短くなることがあります。

洋風の家に多いスレート瓦では見た目で分かりやすいです。繊維やセメントを混ぜて作られるスレートは劣化が進むと繊維が剥がれていき、中がスカスカになるミルフィーユ化が起こります。そうなるとちょっとした衝撃や荷重で簡単に割れてしまいます。さらに熱や雨風によって段々スレート自体が反ってきます。下から見ても分かるぐらい隙間が出来ていたら葺替えをご検討したほうがいいかと思います。

葺戻し

 葺戻しは劣化の範囲が狭かったり一部に雨漏れが起こっていたりした時に部分だけ剥いで下地を替えたり新しい瓦を葺いてしまう工法です。
 おもに一枚一枚がめくれる和型で行うことの多い工法で、雨漏れが起こった箇所や台風や地震などの災害によって物が飛んで来て瓦や下地に穴が空いてしまった箇所を修復する時に行うことが多いです。雨漏れも気づくのが早期でまだ狭い範囲ならいいのですが、時間がたった雨漏れはどんどん広がっていき、葺替えた方がいい状態になってしまいます。異常に気付いたらすぐに対処すれば葺戻しで治まるので費用も抑えられます。

 スレートや平板瓦も可能ですが、一枚一枚が釘で固定されていますので雨漏れの原因箇所の判明が難しく、分かったたとしても剥がしていく過程で瓦自体や下地を傷つけてしまうリスクがあります。

差替え

平板瓦 差替え
 差替えは割れた瓦を個数単位で新しい瓦や予備瓦に交換する工法です。差替えは殆どの瓦で施工可能ですが、中には廃盤になってしまい販売されていない種類の瓦もありますので自宅の瓦が差替え可能かは種類が分かれば自分で調べれますが、分からない場合、業者に見てもらう必要があります。一枚だけや数枚だけの瓦に異常があれば差替えで済む可能性があるので気付いたら他に被害が出ないうちに早めに依頼することをおすすめします。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん宮崎店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-920-015