屋根塗装の正しい工程をお伝えします!


お住いの屋根塗装をお考えのお客様、正しい塗装の工程をご存じですか?

塗装というのは、ただ単にペラっと塗って終わりというものではありません。
正しい工程に沿って進めることで、美しく長持ちする塗膜が出来上がります。

しかし、その正しい工程をご存じでない方も少なくないようです。

ですので今回は、屋根塗装の正しい工程を順番にご説明させて頂きます!



1:足場を建てる

82f2319cbff4d2187b9911c662b68ba6-e1571907369959

まず工事の初日に足場を建てていきます。
ご近隣との距離やカーポート等の障害物に配慮しながら仮設工事を行います。


その後に養生シートを張っていきます。
高圧洗浄の水や塗料がご近隣に飛ばないようにするために、このネットは必要になってきます。
こうすることで後々ご近所トラブルに発展するのを防いでいきます。


2:高圧洗浄を行う

adb7367579c263676dfe1d0286b87b60-e1571907019393

次に行うのが高圧洗浄です。
塗装をする際に屋根にほこりや汚れが付着したまま塗ってしまうと、耐久性が落ちてしまったり不具合が起こる原因になります。
ですので、ここでしっかりと汚れを洗い流すことが非常に重要になります。


3:屋根の補修を行う

45fb5e48a8bd9c5f51c93e7841c11967-e1571958849911

高圧洗浄が終わりましたら、次に屋根材の補修を行っていきます。
例えば屋根材にヒビ割れている部分がある場合、専用の接着剤やシーリング材を使って補修を行います。
また錆びが出ている箇所があれば、ケレン作業にて錆びを落とします。
その他、傷みによってそれぞれ補修を行います。


4:下塗り→中塗り→上塗りの順番に塗装を行う

af7a347184a7946e622cddc9a2d3f188-e1573343787696-columns3
下塗り
52c3bfc78064442c537e43ed2f25fbe3-e1573343820470-columns3
中塗り(色付け1回目)
b61a451e8d2e13f437f53eb7553e93b4-columns3
上塗り(色付け2回目)

いよいよ塗装に入っていきます。

まず下塗りを行っていきます。
基本的には1回塗りですが、屋根材の吸い込みが激しい場合などの状況によっては数回塗ることもあります。


そして中塗り上塗りで色を付けていきます。
ここで使う塗料の種類によって耐久年数は違いますが、「塗る人」つまり職人さんによっても差が出てきます
正しい割合で主剤と硬化剤を混ぜているか(2液の場合)や、十分な膜厚をつける塗り方をしているか、希釈する際のシンナー(または水)は適正な量を使っているかなどの部分で、職人さんによって耐久性に差が生じる可能性があります。
塗装は塗料の質だけではなく、「塗る人」も重要になってきます。


しっかりと塗装の研修を受けた職人さんがいる業者さん、塗料メーカーの登録施工店である業者さんであれば安心ですね。


5:点検・手直し等


上塗りまで終わりましたら、最後に点検を行います。
塗り残している部分はないか、塗料が飛んでいる部分はないかなどのチェックをします。
そしてそういった箇所があれば、手直しをします。


6:足場解体・完成


点検・手直しまで終わりましたら、足場を解体していきます。

そして最終チェックを行って、完成という形になります。





以上が、屋根塗装の正しい工程になります。

数ある業者さんの中には、金額を安くするために足場を建てなかったり高圧洗浄を充分に行わなかったりする会社さんも実際あります。
ですので、お住いの塗装工事をお考えの方は、良い業者かどうかを見極める際の参考になさってみてください。


この工程に沿って工事を進めることで、塗料の本来の性能(耐用年数、低汚染性、遮熱・断熱効果など)を発揮することが出来ます。

塗装のお見積り等の説明を受ける際に、どのような工程で工事を進めていくかを業者さんに訪ねてみられるといいかもしれません。


信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん宮崎店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-920-015