オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

都城市にて漆喰の補修工事を行いました。


工事のきっかけ

もともとは庇塗装の依頼で現場の調査に伺いした際に漆喰の傷みに気づきお客様にお伝えしたことで屋根の点検を行うことになりました。日頃なかなか注目せずに見ていないところだったので現状にびっくり。補修をして行くことになりました。

都城市 漆喰詰め直し

ビフォーアフター

before
漆喰部分 拡大
horizontal
after
漆喰 完了

工事基本情報

施工内容
漆喰詰め直し
施工期間
4日
使用材料
漆喰
施工内容その他
築年数
築26年
保証年数
工事費用
30万~40万
建坪
約40坪
ハウスメーカー

現場の点検工事

屋根状況
既存屋根は陶器瓦です。
全体図を見てもどこか劣化しているようには見えないですね。
純和風の陶器瓦、和型と呼ばれる種類の瓦になります。
純和風の家には欠かせない形の一つです。
6c1d7fa27c238767f37eec4ba9e2de59-simple
瓦が一部割れています。
周りはコーキング補修がおこなっておりますが、切れたりなどの大きな劣化は見られませんでした。
現場の調査
こちらが今回担当が気づいた漆喰の痛みの様子です。遠くから見でも漆喰が剥がれがわかりますね。
ココの漆喰はどういった役割があるのか。
まず一つ目に瓦を固定する役割があります。
こういったように固定する役割がしっかりと果たされていないことによって、風や雨などによって瓦がズレてしまったり、瓦と瓦がぶつかることによって割れてしまうこともあります。場合によっては屋根から瓦が落ちてしまったりする場合もありますので、気を付けていただきたいですね。
漆喰部分 拡大
拡大した写真がこちらになります。
もともと施工してあった漆喰が剥がれ内部が見えている状態になります。水が侵入する原因の必要です。
谷部板金
谷板金の様子です。
谷板金は雨樋の役割を果たしています。
水がよく通る通り道になるため湿気が溜まりやすく
サビなどの劣化が起こり雨漏れが発生しやすいところです。
注意して調査に当たる必要があります。
瓦 ズレ
瓦がズレていることがわかりますね。
ビスが外れて知っています。
これは落ちてしまう危険性があります。
接合部
こちらが接合部になっております。
こちらも、雨水が溜まりやすいところです。
しっかりと補修していく必要があります。
勾配
こちらが屋根勾配です。4寸 ( 20度前後 ) になります。
勾配が緩やかですと水が滞留し劣化につながりやすいですが、十分に勾配もあるためきれいに雨水も流れていきます。

漆喰補修工事

劣化が起こっていた瓦のつなぎ目のところに漆喰を入れていきます。
そもそも漆喰とはどういったものなのかご存知ですか?
漆喰とは主に石灰からできています。1,000度以上の温度で熱して消石灰といわれる粉にします。この灰と水さらに石灰石の粉を混ぜ合わし糊を加えて、作っていきます。場合によってはさらに繊維材や接着剤も加えています。



漆喰補修

漆喰補修

きれいに均一に漆喰を詰めていきます。
漆喰を厚くたくさん塗ったほうが水が侵入せずに良いのではないかと思われる方が多いいのでは
ないかと思いますが、実際は違います。
あまりにも、漆喰を塗りすぎると直接漆喰に雨水が当たり内部に水が侵入してしまう
可能性があるようです。
ただ、お客様が実際に補修工事を行うわけではありませんので、注意しようにも難しいところですよね。
漆喰の補修は素人が誰でも簡単に行えるものではありません。
安心安全に工事を行ってくれる業者選びが重要になってきますね。

【工事完了後】

漆喰 完了
メンテナンスに関して基本的に15年に1度ほどです。ただ、気候によっても変わってきます。
台風や雨風によって瓦のズレや割れは起こります。
5年に一度程度は屋根の点検をおこなっったほうがいいかもしれませんね。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

宮崎市大橋で火災保険を利用した屋根瓦の葺き替え工事で屋根をリニューアル。

20190515_oohasi02
20190614_宮崎県宮崎市大橋_瓦葺き替え_01
工事内容
屋根葺き替え
漆喰詰め直し
足場
使用素材
陶器防災平板瓦・ゴムアスルーフィング
築年数
30~40年
建坪
保証
工事費用
150~200万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

漆喰補修 面戸

 宮崎市N様邸にて棟の面戸・取合い漆喰補修をおこなった様子をご紹介いたします。棟の面戸漆喰は桟瓦と棟瓦(のし瓦や冠瓦など)にできる三日月形の隙間を埋めるもので棟の取合いは大棟と隅棟や降り棟、風切丸の接合部分になります。正しく施工されたものは...........

漆喰 補修

 本日は小林市にてT様邸の漆喰補修を行った様子をご紹介します。瓦屋根の面土や鬼瓦に巻くことで防水性や密閉性を高め雨風からお家の屋根を守る縁の下の力持ち的存在。漆喰自体は約20年ぐらいで寿命と言われますので補修のタイミングは必ず訪れるはずです...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん宮崎店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-920-015