都城市にてT様邸の屋根補修工事~瓦差し替え~


 本日は都城市にてT様邸の屋根補修工事(瓦差し替え)を行った様子をご紹介します。今回T様邸で差し替えを行った瓦は一般的に日本瓦や和瓦と言われるJ形の瓦。大部分の桟瓦は素人でも簡単に差し替えれますが、棟や谷部の付近の瓦は一筋縄ではいきません。T様邸の割れた瓦は棟の下にかかっていたり谷部の加工された瓦でしたので職人としてしっかり差し替えさせていただきます。
瓦差し替え 谷部
 谷部の割れた瓦です。谷樋の上にかかっているとはいえ、ひび割れは板金の外まで及んでいますので染み込んだ雨水が屋根材を徐々に腐らせる恐れは十二分にあります。
瓦差し替え 谷部
 瓦を撤去したら下の漆喰も取り外します。割れた時やひび割れから雨水が染み込んだ影響などでもろくなっている可能性がありますのでそのままでは漆喰が剥がれてしまう恐れがあります。
瓦差し替え 谷部
 取り外した漆喰を新しいものに詰め替えます。上に隙間ができないようにしっかり高さも合わせていきます。
最近では谷部に漆喰を詰めない方がいいという考え方が浸透していますが、今回は差替えで漆喰を詰めない加工ができませんので合わせて詰めていきます。
瓦差し替え 谷部
 瓦を加工していきます。谷部の流れに沿って墨つけし、サンダー(瓦専用の刃を取り付けた電動カッター)で切断します。以前は瓦用のハンマーで叩いて切断していましたが切断面の綺麗さや作業性の面から今ではサンダーが主流となっています。
瓦差し替え 谷部
 谷部の加工した瓦は不安定ですのでグラグラしたり風で飛ばないように下地の瓦桟にステンの針金で固定しておきます。
瓦差し替え 谷部
 差し込んでしっかり納まったら完了です。
谷部は屋根の中で雨漏りのしやすい箇所の代表と言っても過言ではありませんので不具合や破損に気がついたら放置したり後回しにせず、出来るだけ素早い対応をすることをオススメいたします。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

宮崎市恒久南にて割れた瓦交換と漆喰補修できれいになりました。

before
after
工事内容
屋根補修工事
漆喰取り直し
使用素材
築年数
25年~35年
建坪
30~40坪
保証
工事費用
40万~50万
施工事例

雨漏れ補修のため屋根改修工事を宮崎市吉村町で行いました。

屋根 before
屋根 after
工事内容
屋根補修工事
使用素材
築年数
30~40年
建坪
30~35坪
保証
工事費用
30万~40万

同じ地域の施工事例

施工事例

都城市にて漆喰の補修工事を行いました。

漆喰部分 拡大
漆喰 完了
工事内容
漆喰詰め直し
使用素材
漆喰
築年数
築26年
建坪
約40坪
保証
工事費用
30万~40万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟板金 交換 コロニアル

 宮崎市大字恒久にてT様邸の棟板金交換を行った様子をご紹介いたします。棟板金は主にコロニアルなどの化粧スレートの屋根やガルバニウム鋼板などの金属系の屋根に用いられ、木や樹脂などの下地を作り固定していきます。今回施工するT様邸は以前塗替え工事...........

漆喰補修 面戸

 宮崎市N様邸にて棟の面戸・取合い漆喰補修をおこなった様子をご紹介いたします。棟の面戸漆喰は桟瓦と棟瓦(のし瓦や冠瓦など)にできる三日月形の隙間を埋めるもので棟の取合いは大棟と隅棟や降り棟、風切丸の接合部分になります。正しく施工されたものは...........

棟板金 交換

 宮崎市U様邸にて化粧スレート屋根の棟板金交換を行った様子の続きをご紹介いたします。屋根材の中で一番最後に取付け、瓦より上にあたる棟板金。もし雨漏りが起きてしまったらまっさきに疑う程、雨水の侵入が起こりやすい個所になります。前回は2階部分の...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん宮崎店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-920-015