オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

国富町木脇、C様邸にて雨漏り補修工事


 国富町木脇、C様邸にて雨漏り補修工事を行った様子をご紹介いたします。雨漏りの補修はまずその原因を調べ、雨が侵入している箇所を特定する事が一番重要になります。実際に雨が漏っている箇所と雨水が侵入している箇所が必ずしも一緒とは限りません。例えば部屋の中心部分の天井に雨が漏っていたとしても、実際はその真上の屋根ではなく離れた棟から侵入した雨水が二次防水のルーフィングシートを流れ、緩んだ釘孔や桟木に溜まってルーフィングを傷め、穴を空けた箇所などから侵入している場合もあります。その見極めが肝心になってきます。
雨漏り 葺き戻し
 今回雨漏り補修のご依頼を受けたC様邸の屋根です。赤丸部分で雨漏りが起こっているようでしたので、状況やお客様のご予算を加味し、その周辺から一度瓦を捲って下地を交換し、既存の瓦をそのまま元に戻す葺き戻し工法による補修を行っていきます。
雨漏り 葺き戻し
屋根 コーキング NG
 上から見た屋根です。近くで見てみると瓦一枚一枚にコーキングによる瓦留めが隙間なくびっしりと施してあります。一見雨水の侵入が無くなりしっかりと対策が打ってあるように見えますが、このブログでも何度かご紹介したとおり絶対にやってはいけない施工になります。一枚一枚が小さな瓦を何十何百枚と使って組み上げる瓦屋根は完全に雨水の侵入を防ぐことは難しいです。その為侵入した雨水を逃がして侵入を防ぐように出来ています。雨仕舞と呼んでいますが瓦にはもともとその機能を持ち合わせているのです。しかし、コーキングで塞いでしまうとその逃げ道も閉じてしまう事になります。その結果逃げ道を無くした雨水は内部へと侵入してしまうのです。
屋根 コーキング NG
 実際にコーキングを剥がしてみると砂が溢れてきました。これは砂を含んだ雨水が逃げ場を無くし、溜まって乾いた為砂だけが残っている状態です。
屋根 コーキング NG
 こちらはまだ雨水が乾いておらずそのまま流れてきました。この日は晴れていたにもかかわらずこの量の雨水が溢れてくるという事は相当内部にも侵入しているはずです。
 今回は葺き戻しによる補修でしたがコーキングによる瓦留めもすべて切り取ることも追加で行っていきます。屋根にとってマイナス要素を取り除くことで雨漏りへのリスクは一気に減らすことができます。


次回のブログでは葺き戻していく様子をご紹介していきたいと思います。

                   次回のブログはこちら

同じ工事を行った施工事例

施工事例

宮崎市神宮でセメント瓦・防水紙劣化による雨漏りを屋根葺き直し工事で修繕

宮崎市神宮セメント瓦部分修理_00
IMG_7213_R
工事内容
屋根葺き直し
雨漏り修理
使用素材
改質アスファルトルーフィング シーリング材 中古セメント瓦
築年数
40~50年
建坪
30坪
保証
工事費用
30~40万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

谷樋交換 セメント瓦

 小林市堤にてK様邸の谷樋交換を行った様子をご紹介いたします。谷樋は屋根の谷(流れの異なる面の取合い部分*折り紙の谷折りをイメージすると分かりやすい)に取付ける樋です。樋と言ってもよくイメージされる軒先の雨樋とは形状や材質も大きく異なり、谷...........

谷樋交換 セメント瓦

 小林市堤にてK様邸の谷樋交換を行った様子をご紹介いたします。谷樋は屋根の谷(流れの異なる面の取合い部分*折り紙の谷折りをイメージすると分かりやすい)に取付ける樋です。樋と言ってもよくイメージされる軒先の雨樋とは形状や材質も大きく異なり、谷...........

谷樋交換 セメント瓦

 小林市堤にてK様邸の谷樋交換を行った様子をご紹介いたします。谷樋は屋根の谷(流れの異なる面の取合い部分*折り紙の谷折りをイメージすると分かりやすい)に取付ける樋です。樋と言ってもよくイメージされる軒先の雨樋とは形状や材質も大きく異なり、谷...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん宮崎店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-920-015