オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

国富町木脇、C様邸にて雨漏り補修工事 No.2


 国富町木脇、C様邸にて雨漏り補修工事を行った様子の続きをご紹介いたします。雨漏りの補修はまずその原因を調べ、雨が侵入している箇所を特定する事が一番重要になります。実際に雨が漏っている箇所と雨水が侵入している箇所が必ずしも一緒とは限りません。例えば部屋の中心部分の天井に雨が漏っていたとしても、実際はその真上の屋根ではなく離れた棟から侵入した雨水が二次防水のルーフィングシートを流れ、緩んだ釘孔や桟木に溜まってルーフィングを傷め、穴を空けた箇所などから侵入している場合もあります。その見極めが肝心になってきます。
雨漏り 葺き戻し
雨漏り 葺き戻し
 瓦留めのコーキングを葺き戻す箇所とその周辺ですべて剥がして瓦を一度外して仮置きしておきます。下地も除去しておきます。壁側のルーフィングが新しいものでしたので一度雨漏りがあり補修を行ったようです。今回はすぐ隣の補修してない箇所で雨漏りが起こっているので下地の劣化も大きく影響していたと分かります。
雨漏り 葺き戻し
*写真の下側が水上、上側が水下
雨漏り 葺き戻し
*写真の上側が水上、下側が水下
 ルーフィングを剥がして溜まった砂などを掃除したら新しい下地を作っていきます。
ルーフィングは上から流れてきた雨水がしっかり下まで流れて内部には侵入しないように貼る順番や上下を正しく施工しなければいけません。葺き戻しは特に既存のルーフィングとの絡みがありますので気を付けなければ逆に雨漏りの原因になってしまいます。その為、左右と上端は潜り込ませます。
雨漏り 葺き戻し
 ルーフィングを貼ったら新しい桟木を打っていきます。下の垂木に被るように打つ位置は気を付けます。
屋根 コーキング NG
 仮置きしていた瓦を葺き戻していきます。
屋根 コーキング NG
 最後に小口の重なりに打ってある瓦留めのコーキングを除去したら完了です。これで雨仕舞が取れてしっかり雨水を排出してくれます。本来なら横の重なりに打ってあるコーキングも除去するのがベストですが影響が少ないのとご予算の関係で小口側だけの除去になっています。


雨漏り補修はその原因をしっかり突き止めなければ止めることが難しいです。しかし中には屋根をばらさないと分からない箇所や肉眼では確認できない箇所などもあり、ある程度の推測になってしまうことがあります。なので専門の知識や豊富な経験値のある業者でなければなりません。そういった面や高所での危険な作業といったこともありますのでDIYでやったりは避けてください。


             前回のブログはこちら

同じ工事を行った施工事例

施工事例

宮崎市恒久南にて割れた瓦交換と漆喰補修できれいになりました。

before
after
工事内容
屋根補修工事
漆喰取り直し
使用素材
築年数
25年~35年
建坪
30~40坪
保証
工事費用
40万~50万
施工事例

雨漏れ補修のため屋根改修工事を宮崎市吉村町で行いました。

屋根 before
屋根 after
工事内容
屋根補修工事
使用素材
築年数
30~40年
建坪
30~35坪
保証
工事費用
30万~40万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

外壁中塗り 塗装

 宮崎市清武町にてY様邸の外壁・屋根塗替えを行った様子をご紹介いたします。塗装は美観を良くするだけではなく家全体の耐久を維持してくれます。何もしないで放置した時と塗装を行った時では家屋としての寿命に大きな差が生まれます。今回は壁の上塗りや屋...........

谷樋交換 セメント瓦

 小林市堤にてK様邸の谷樋交換を行った様子をご紹介いたします。谷樋は屋根の谷(流れの異なる面の取合い部分*折り紙の谷折りをイメージすると分かりやすい)に取付ける樋です。樋と言ってもよくイメージされる軒先の雨樋とは形状や材質も大きく異なり、谷...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん宮崎店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-920-015