オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

都城市五十町、I様邸にてセメント瓦の棟納め直し No.2


 都城市五十町、I様邸にてセメント瓦の棟納め直しを行った様子をご紹介いたします。棟の納め直しとは、一度棟をばらしてその周辺の下地交換、補修などを行った後にもう一度棟を積んでいく工事。新しい瓦を使い新しい棟を積む場合や、既存の瓦をそのまま使い元の棟に戻す場合があります。
 前回は既存の下葺き材(アスファルトルーフィング、平木)の撤去までをご紹介いたしましたので、今回は新しい下葺き材を取り付ける所からご紹介いたします。
棟取り直し セメント
 一枚目を取り付けていきます。一枚目は既存の下葺き材の下に潜り込ませて雨水が侵入しにくくしておきます。既存の下葺き材は桟木が打ってあったりタッカーの刃が邪魔をしていますので一度取り外してからしっかり奥まで差し込みます。
棟取り直し セメント
 二枚目も取り付けていきます。二枚目は下葺き材の上に、桟木の下に差し込み、更に雨水の侵入が起こりにくくしておきます。下葺き材は二次防水と言われるように瓦で防ぎきれなかった雨水を内部に侵入させないようにしなければいけません。しっかり雨仕舞を考えて取り付けます。
棟取り直し セメント
 新しい下葺き材を取り付けたら桟木を取り付けていきます。
棟取り直し セメント
 桟木を取り付けたら桟瓦や蓑甲の瓦を葺き戻していきます。
棟取り直し セメント
棟取り直し セメント
 棟を積み直していきます。既存の棟は赤土などの泥で積んでいましたが、南蛮漆喰で積んでいきます。安価で作業性、機能性が優れている為、最近では泥よりも主流になっています。
棟取り直し セメント
棟取り直し セメント
 棟を積み終わったら取合い部分に漆喰を巻いていきます。取合い部分からの雨水の侵入は非常に多いのでしっかり漆喰で埋め、仕上げておきます。
棟取り直し セメント
 冠の丸はステンの番線を通す穴がありますので、コーキングで埋めておきます。
棟取り直し セメント
 面戸の漆喰を仕上げたら掃除をして完了です。
 工事前は内部の天井からぼたぼた漏れていましたが、完工後は雨漏りが起こることなく屋根としての機能を充分に発揮してくれています。これでお客様も安心して眠れると思うと瓦職人冥利に尽きます。

         前回のブログはこちら

同じ工事を行った施工事例

施工事例

宮崎市恒久南にて割れた瓦交換と漆喰補修できれいになりました。

before
after
工事内容
屋根補修工事
漆喰取り直し
使用素材
築年数
25年~35年
建坪
30~40坪
保証
工事費用
40万~50万
施工事例

雨漏れ補修のため屋根改修工事を宮崎市吉村町で行いました。

屋根 before
屋根 after
工事内容
屋根補修工事
使用素材
築年数
30~40年
建坪
30~35坪
保証
工事費用
30万~40万

同じ地域の施工事例

施工事例

都城市にて漆喰の補修工事を行いました。

漆喰部分 拡大
漆喰 完了
工事内容
漆喰詰め直し
使用素材
漆喰
築年数
築26年
建坪
約40坪
保証
工事費用
30万~40万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

外壁中塗り 塗装

 宮崎市清武町にてY様邸の外壁・屋根塗替えを行った様子をご紹介いたします。塗装は美観を良くするだけではなく家全体の耐久を維持してくれます。何もしないで放置した時と塗装を行った時では家屋としての寿命に大きな差が生まれます。今回は壁の上塗りや屋...........

谷樋交換 セメント瓦

 小林市堤にてK様邸の谷樋交換を行った様子をご紹介いたします。谷樋は屋根の谷(流れの異なる面の取合い部分*折り紙の谷折りをイメージすると分かりやすい)に取付ける樋です。樋と言ってもよくイメージされる軒先の雨樋とは形状や材質も大きく異なり、谷...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん宮崎店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-920-015