オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

小林市堤にてK様邸の谷樋交換 No3


 小林市堤にてK様邸の谷樋交換を行った様子をご紹介いたします。谷樋は屋根の谷(流れの異なる面の取合い部分*折り紙の谷折りをイメージすると分かりやすい)に取付ける樋です。樋と言ってもよくイメージされる軒先の雨樋とは形状や材質も大きく異なり、谷板金などと言ったりもします。目的は一緒ですが屋根材に近い性質を持ちます。

前回は下地や谷樋を撤去して新しいものに交換する所をご紹介いたしましたので、今回は瓦を葺き戻していく様子をご紹介いたします。
谷樋交換 セメント瓦
 瓦を葺き戻す前に谷樋に防水テープを貼っておきます。万が一雨水が谷樋の下に侵入してしまうとなかなか乾かず劣化を早めてしまうので、侵入を防ぐために貼っておきます。
谷樋交換 セメント瓦
 瓦の乗っかる部分には既存ではモルタルが詰めてありましたが最近では完全に埋めててしまうと通気性が奪われ内部に湿気が溜りあまり良くないと分かってきていますので同じようには行わなくなってきています。そこで使うのはスポンジ状になっている面戸部材です。半分から下は水を通さず上半分は通気性のあるスポンジで出来ています。
谷樋交換 セメント瓦
谷樋交換 セメント瓦
 平部の瓦を葺き戻していきます。外す際に何枚か割れてしまったんですが予備瓦が何枚かあったのと取引先の瓦屋さんに何枚か在庫があったため無事葺き戻す事が出来ました。K様邸のロッキーのような生産が終わった瓦の場合葺き戻し自体がリスクを伴うので予備が充分にないと工事が出来ないケースがあります。
谷樋交換 セメント瓦
 棟を積んでいきます。既存はモルタルで積んでいましたが南蛮漆喰を使用します。
谷樋交換 セメント瓦
谷樋交換 セメント瓦
 陸棟や隅棟の取合い部分に漆喰を巻いていきます。取合い部分は雨漏りが非常に多い部分ですのでしっかり施工していきます。
最後に固定用の番線穴をコーキングで埋め、割れてしまった為に新しくした棟の熨斗や谷のカットした瓦の小口をタッチアップしたら完了です。
谷樋交換といっても今回のK様邸のように棟からばらさなければならない場合や、周辺の瓦だけ外して棟際はカットしてつなげ合わせたりする場合もあり、内容や費用も異なります。もし屋根の異常や被害に気付かれたら少しでも早く信頼できる業者に相談してみることをおすすめ致します。


          前回のブログはこちら

同じ工事を行った施工事例

施工事例

宮崎市恒久南にて割れた瓦交換と漆喰補修できれいになりました。

before
after
工事内容
屋根補修工事
漆喰取り直し
使用素材
築年数
25年~35年
建坪
30~40坪
保証
工事費用
40万~50万
施工事例

雨漏れ補修のため屋根改修工事を宮崎市吉村町で行いました。

屋根 before
屋根 after
工事内容
屋根補修工事
使用素材
築年数
30~40年
建坪
30~35坪
保証
工事費用
30万~40万

同じ地域の施工事例

施工事例

小林市細野にて雨どいの交換・新規取付工事を完了しました。

20190424_宮崎県小林市細野雨どい_01
20190424_宮崎県小林市細野雨どい_02
工事内容
雨樋交換
使用素材
雨どい・専用金具ほか
築年数
20~30年
建坪
保証
工事費用
10万円以下

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

外壁中塗り 塗装

 宮崎市清武町にてY様邸の外壁・屋根塗替えを行った様子をご紹介いたします。塗装は美観を良くするだけではなく家全体の耐久を維持してくれます。何もしないで放置した時と塗装を行った時では家屋としての寿命に大きな差が生まれます。今回は壁の上塗りや屋...........

谷樋交換 セメント瓦

 小林市堤にてK様邸の谷樋交換を行った様子をご紹介いたします。谷樋は屋根の谷(流れの異なる面の取合い部分*折り紙の谷折りをイメージすると分かりやすい)に取付ける樋です。樋と言ってもよくイメージされる軒先の雨樋とは形状や材質も大きく異なり、谷...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん宮崎店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-920-015