宮崎市にてコロニアル屋根塗装の現地調査を行いました。


先日ご依頼をいただいたお宅へ、屋根の状態の現地調査を行いました。


屋根材の種類はコロニアルと呼ばれるものです。

コロニアル屋根とは、セメントと繊維、アスベストなどを混ぜ合わせ、
それをうすく成形・塗装したものです。
以前は成分中にアスベストが含まれていましたが、十数年前のアスベストによる健康被害が
発覚したため、現在販売されているものには、アスベストは混入していません
5df068badfad478cedbd2abc6eb7987b-e1554712458370-columns2
実際の屋根のお写真(全体)
3b73138a785650a24d643c7017801af5-columns2
実際の屋根のお写真(拡大)
見てみると、かなり褪色(色褪せ)が進んでいるのが分かりますね。

屋根は、直射日光にさらされ、雨風を避けることもできないため、外壁や雨戸など他の部分よりも
厳しい環境下に置かれています。
ましてやここは宮崎県。より一層強い紫外線・風雨に耐えなければなりません。
それにより、褪色やサビ・コケ等の劣化が早く進むのですが、定期的なメンテナンスを行うことで、
その劣化の進行を抑えることができるのです。
1909d22f7c8252421eb8dd35e0008af9-e1554712671603
こちらは屋根の棟板金のお写真です。

板金に刺さっている釘が、かなり浮いているのがお分かり頂けるでしょうか?
このままではやがて釘が完全に外れ、台風時などに板金部分が飛んで行ってしまう可能性があります。

長期間風を受けることで風圧によって釘が緩み、屋根と棟板金の間に隙間が生じます。
そこからさらに風が入りこみ、段々と釘が浮いてくるのです。

釘の浮きだけでなく、板金自体が浮いたり剥がれたりするとさらに厄介です。
屋根との隙間から雨が入り込み、屋根の下地に浸水し、その結果雨漏りにまで発展していきます。



大切な家を永く快適に保つために、屋根・外壁等の修理を定期的に行うことをおすすめ致します。
今回のお宅では褪色や釘浮きなどが見られましたが、やはり専門家の調査でないと分からないことが多くありますので、ご気軽にご相談下さい。



同じ工事を行った施工事例

施工事例

宮崎市恒久南にて割れた瓦交換と漆喰補修できれいになりました。

before
after
工事内容
屋根補修工事
漆喰取り直し
使用素材
築年数
25年~35年
建坪
30~40坪
保証
工事費用
40万~50万
施工事例

雨漏れ補修のため屋根改修工事を宮崎市吉村町で行いました。

屋根 before
屋根 after
工事内容
屋根補修工事
使用素材
築年数
30~40年
建坪
30~35坪
保証
工事費用
30万~40万

同じ地域の施工事例

施工事例

宮崎市月見ヶ丘にて板金屋根のケレン作業をしたのち塗装工事をしました。

S__23994372-e1571040452505
S__23994373
工事内容
屋根塗装
使用素材
エスケー化研
築年数
30~40年
建坪
30~40坪
保証
工事費用
施工事例

宮崎市大橋で火災保険を利用した屋根瓦の葺き替え工事で屋根をリニューアル。

20190515_oohasi02
20190614_宮崎県宮崎市大橋_瓦葺き替え_01
工事内容
屋根葺き替え
漆喰詰め直し
足場
使用素材
陶器防災平板瓦・ゴムアスルーフィング
築年数
30~40年
建坪
保証
工事費用
150~200万円
施工事例

宮崎市薫る坂で台風被害による棟板金、屋根瓦、雨どいの復旧工事。火災保険をご利用頂きました。

20190413_屋根点検01
宮崎県宮崎市薫る坂屋根修繕_05
工事内容
棟板金交換
雨樋交換
外壁塗装
屋根塗装
その他の工事
足場
使用素材
ガルバリュウム鋼板・雨どい
築年数
20~30年
建坪
45坪
保証
工事費用
20~30万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

平板 差替え F形

 都城市高城町にて平板瓦の差し替えを行った様子をご紹介いたします。一般的な瓦のイメージは古くから日本家屋に使用されてきた波打った形の和形(J形)と言われる桟瓦だと思います。今では様々な形の瓦が作られみなさんのくらしに普及しています。今回差替...........

セメント フレンチ 棟取り直し

 国富町Y様邸にてセメント瓦フレンチの棟取り直しを行った様子の続きをご紹介いたします。棟取り直しとは一度ばらした棟を下地などをやり替えてもう一度積んでいく工事です。雨漏りの原因が棟周辺だったり棟絡みの瓦が明らかに破損している場合などに行う事...........

壁のし瓦 取り直し

 宮崎市希望ヶ丘にて壁のし瓦取り直し工事を行った様子をご紹介いたします。壁のしは下屋(一階の屋根)と壁の取合い部分で、その隙間から雨水が侵入してくるのを防ぐ非常に大事な個所になります。今回ご依頼があったお客様はもともと外壁塗装の工事が進行し...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん宮崎店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-920-015