宮崎市大塚台、O様邸にて雨漏りによる化粧スレート屋根の部分葺き戻し


 宮崎市大塚台、O様邸にて雨漏りによる化粧スレート屋根の部分葺き戻しを行った様子をご紹介いたします。化粧スレートは一般的にはコロニアルやカラーベストと言われる商品の総称で、屋根材の一つです。
 コストが低くスタイリッシュな仕上がりから洋瓦でありながら日本の住宅での普及率が高く今でも新築や葺き替えでは多く使われています。
コロニアル 雨漏り
 雨漏り個所を上から撮影したものですが一目で分かるような破損は見当たりません。
もし、見えている瓦に亀裂や破損があったとしてもその下にはまた下の瓦が被さっているので、そこを雨漏りの原因と断定するに至りません。
しかし、O様邸の屋根にはおそらくの原因が目に見えてありました。
コロニアル 雨漏り
 瓦と瓦の隙間に塗り替えた時であろう塗料が隙間を塞いでいました。
化粧スレート屋根の場合、つなぎ目などから入った雨水は下からしか排水されません。その為、下端の隙間を塗料や砂、火山灰などの汚れで塞いでしまうと、徐々に上へと上がっていく毛細管現象により瓦の下に溢れてしまいます。
写真でも分かるように雨水が溜り溢れている跡がクッキリと残っています。更に、長年雨の度に溜まっていたせいで先端の方が腐食してボロボロになっていました。

コロニアル 雨漏り
コロニアル 雨漏り
 瓦の下には二次防水のルーフィングシートというアスファルトやゴムを混ぜた防水シートが張ってあるためもし瓦から侵入しても基本的には雨漏りはしません。
しかし、年月が経つと温度による伸縮などによってシートを留めるタッカー(ホッチキスのようなもの)や瓦を留める釘などの個所から徐々に傷み、雨漏りしだしてきます。O様邸の瓦をはぐると以前にルーフィングを補修した形跡がありましたが、さらにルーフィングもめくってみると雨漏り個所は補修範囲の外側であった事がわかりました。
ここから腐食した下地やルーフィングを張り替えて葺き戻していくのですが、詳細は次回ご紹介いたします。
今回ご紹介しましたように、化粧スレートを使用されているご家庭の方は塗り替えの際は隙間をしっかり確保しているか、業者さんとお話ししてみてください。その一言で我が家の屋根を守れるかもしれません。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

宮崎市恒久南にて割れた瓦交換と漆喰補修できれいになりました。

before
after
工事内容
屋根補修工事
漆喰取り直し
使用素材
築年数
25年~35年
建坪
30~40坪
保証
工事費用
40万~50万
施工事例

雨漏れ補修のため屋根改修工事を宮崎市吉村町で行いました。

屋根 before
屋根 after
工事内容
屋根補修工事
使用素材
築年数
30~40年
建坪
30~35坪
保証
工事費用
30万~40万

同じ地域の施工事例

施工事例

宮崎市月見ヶ丘にて板金屋根のケレン作業をしたのち塗装工事をしました。

S__23994372-e1571040452505
S__23994373
工事内容
屋根塗装
使用素材
エスケー化研
築年数
30~40年
建坪
30~40坪
保証
工事費用
施工事例

宮崎市大橋で火災保険を利用した屋根瓦の葺き替え工事で屋根をリニューアル。

20190515_oohasi02
20190614_宮崎県宮崎市大橋_瓦葺き替え_01
工事内容
屋根葺き替え
漆喰詰め直し
足場
使用素材
陶器防災平板瓦・ゴムアスルーフィング
築年数
30~40年
建坪
保証
工事費用
150~200万円
施工事例

宮崎市薫る坂で台風被害による棟板金、屋根瓦、雨どいの復旧工事。火災保険をご利用頂きました。

20190413_屋根点検01
宮崎県宮崎市薫る坂屋根修繕_05
工事内容
棟板金交換
雨樋交換
外壁塗装
屋根塗装
その他の工事
足場
使用素材
ガルバリュウム鋼板・雨どい
築年数
20~30年
建坪
45坪
保証
工事費用
20~30万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

平板 差替え F形

 都城市高城町にて平板瓦の差し替えを行った様子をご紹介いたします。一般的な瓦のイメージは古くから日本家屋に使用されてきた波打った形の和形(J形)と言われる桟瓦だと思います。今では様々な形の瓦が作られみなさんのくらしに普及しています。今回差替...........

セメント フレンチ 棟取り直し

 国富町Y様邸にてセメント瓦フレンチの棟取り直しを行った様子の続きをご紹介いたします。棟取り直しとは一度ばらした棟を下地などをやり替えてもう一度積んでいく工事です。雨漏りの原因が棟周辺だったり棟絡みの瓦が明らかに破損している場合などに行う事...........

壁のし瓦 取り直し

 宮崎市希望ヶ丘にて壁のし瓦取り直し工事を行った様子をご紹介いたします。壁のしは下屋(一階の屋根)と壁の取合い部分で、その隙間から雨水が侵入してくるのを防ぐ非常に大事な個所になります。今回ご依頼があったお客様はもともと外壁塗装の工事が進行し...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん宮崎店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-920-015