宮崎市大塚台、O様邸にて雨漏りによる化粧スレート屋根の部分葺き戻し No.2


コロニアル 雨漏り
 前回ご紹介しましたのは既存の屋根下地材(アスファルトルーフィング・合板)を撤去するところまででしたが、次に張り替えて瓦を葺き戻していく工程になります。
その際重い資材を屋根に荷揚げするために写真のように足場に荷揚げ機を設置させてもらう場合があります。
コロニアル 雨漏り
下地の針葉樹合板を張り替えます。今回は全体的に傷みが少なかったので腐食の酷かった一部を交換していきます。
ルーフィングを剥がした部分は異物で凸凹しないようにフラットな状態にしておきます。
コロニアル 雨漏り
 ルーフィングを張ります。ルーフィングは二次防水になりますので雨水が侵入しても大丈夫なように水下から順番に張っていきます。この際、合板の上に異物があるとルーフィングを張る際や瓦を葺いている時、経年で傷みだした際に破れて穴が空いてしまうので手で表面を触りながら確認して張っていきます。
コロニアル 雨漏り
コロニアル 雨漏り
 ケラバ(妻面の端、破風板の上)や軒先(下った瓦の先端)に水切り板金を付けていきます。
瓦だけでは守りきれない部分になりますのでしっかり交換して取り付けていきます。
コロニアル 雨漏り
 瓦を葺き戻していきます。既存の瓦を剥がしてまた戻す場合、傷み具合などで割れてしまう事や瓦自体が再利用できないケースの方が多いです。O様邸の場合も雨水の浸食などでほとんど新しい物に代えさせて頂いています。
コロニアル 雨漏り
 最後に棟包み板金を被せたら完了です。O様邸ではこの後屋根塗装がありますので交換して色の違う瓦や板金も最終的には同色になりますので今回はあまり気にせず色違いを使っています。
 化粧スレートは経年劣化による雨漏りが如実に現れます。塗装などのメンテナンスを定期的に考え、内部の劣化に合わせてカバー工法などの葺き替えや、化粧スレートよりも強固な粘土瓦やガルバリウム鋼板などの金属屋根など、他の瓦への葺き替えなども今後ご検討されるのもいいかもしれないですね。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

宮崎市恒久南にて割れた瓦交換と漆喰補修できれいになりました。

before
after
工事内容
屋根補修工事
漆喰取り直し
使用素材
築年数
25年~35年
建坪
30~40坪
保証
工事費用
40万~50万
施工事例

雨漏れ補修のため屋根改修工事を宮崎市吉村町で行いました。

屋根 before
屋根 after
工事内容
屋根補修工事
使用素材
築年数
30~40年
建坪
30~35坪
保証
工事費用
30万~40万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

平板 差替え F形

 都城市高城町にて平板瓦の差し替えを行った様子をご紹介いたします。一般的な瓦のイメージは古くから日本家屋に使用されてきた波打った形の和形(J形)と言われる桟瓦だと思います。今では様々な形の瓦が作られみなさんのくらしに普及しています。今回差替...........

セメント フレンチ 棟取り直し

 国富町Y様邸にてセメント瓦フレンチの棟取り直しを行った様子の続きをご紹介いたします。棟取り直しとは一度ばらした棟を下地などをやり替えてもう一度積んでいく工事です。雨漏りの原因が棟周辺だったり棟絡みの瓦が明らかに破損している場合などに行う事...........

壁のし瓦 取り直し

 宮崎市希望ヶ丘にて壁のし瓦取り直し工事を行った様子をご紹介いたします。壁のしは下屋(一階の屋根)と壁の取合い部分で、その隙間から雨水が侵入してくるのを防ぐ非常に大事な個所になります。今回ご依頼があったお客様はもともと外壁塗装の工事が進行し...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん宮崎店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-920-015