宮崎市本郷にてT様邸のモニエル瓦屋根葺き戻し


 宮崎市本郷にてT様邸のモニエル瓦屋根葺き戻しを行った様子をご紹介します。瓦をはぐり、必要に応じて下地をやり替え新しい瓦を葺いていくのが葺き替え。対して瓦をはぐり、下地を新しくやり替え、はぐった瓦をまた屋根にのせていくのが葺き戻しです。
葺き替えは瓦主体で行われる事が多いのに対して、葺き戻しは下地主体で行われる工事です。瓦自体の劣化や傷みが少なく再利用できる場合や、コスト面での選択として行われます。
葺き戻し モニエル
 今回葺き戻しを行ったT様邸の屋根はモニエルという乾式のコンクリート瓦が使用されていました。このモニエルはすでに廃盤になっているため割れたりした場合代わりが効かず、取り返しのつかない事になります。なので基本的には葺き戻し自体が限りなく厳し現状であまり行われません。ただ、わが社のほうではメンテナンス用にモニエルで同じシリーズのストックが豊富にあったため今回は施工させていただきました。施工自体は切妻の異勾配で雨漏りのある緩い勾配の片側を2階と下屋で行います。
葺き戻し モニエル
葺き戻し モニエル
 既存の瓦を剥がしていきます。等間隔で釘によって固定してあるので割らないように慎重に作業していきます。剥がした瓦は梯子型の昇降機で一度下まで降ろします。この際も機械の衝撃などで割れてしまわないようにとにかく気を使って進めます。
葺き戻し モニエル
 瓦を降ろし終わったら瓦を固定する瓦桟や二次防水(一次防水が瓦や板金、スレートなどの表面による防水)のルールフィングシートといった下地を撤去していきます。今回はルーフィングの下の野地板は一部を除いてまだ傷みがあまりなかったのでそのまま使用します。
葺き戻し モニエル
 ルーフィングの劣化は顕著に出ていますが、それ以前に本来被さっていないといけない箇所のルーフィングが寸足らずでした。一番上の大棟の箇所も本来ルーフィングをもう一段被せないと十分とはいえないのですがこれも足りません。こうしたちょっとした施工不良が雨漏りに繋がっていきます。
葺き戻し モニエル
葺き戻し モニエル
  新しいルーフィングを被せていきます。今回はよりしっかりとした2次防水を構築するために2枚の違う種類を貼っていきます。こうすることで一枚目が劣化しても二枚目が機能していますので雨漏りのリスクが大幅に下がります。ここまで工程が進むとこの時期特有のゲリラ豪雨や夕立などの突然の雨が降っても大丈夫なので一安心です。
 今回はルーフィングを貼るところまでをご紹介いたしました。次回は瓦桟を打ってもう一度瓦をのせるまでをご紹介します。

           次回のブログはココ

同じ工事を行った施工事例

施工事例

宮崎市恒久南にて割れた瓦交換と漆喰補修できれいになりました。

before
after
工事内容
屋根補修工事
漆喰取り直し
使用素材
築年数
25年~35年
建坪
30~40坪
保証
工事費用
40万~50万
施工事例

雨漏れ補修のため屋根改修工事を宮崎市吉村町で行いました。

屋根 before
屋根 after
工事内容
屋根補修工事
使用素材
築年数
30~40年
建坪
30~35坪
保証
工事費用
30万~40万

同じ地域の施工事例

施工事例

宮崎市月見ヶ丘にて板金屋根のケレン作業をしたのち塗装工事をしました。

S__23994372-e1571040452505
S__23994373
工事内容
屋根塗装
使用素材
エスケー化研
築年数
30~40年
建坪
30~40坪
保証
工事費用
施工事例

宮崎市大橋で火災保険を利用した屋根瓦の葺き替え工事で屋根をリニューアル。

20190515_oohasi02
20190614_宮崎県宮崎市大橋_瓦葺き替え_01
工事内容
屋根葺き替え
漆喰詰め直し
足場
使用素材
陶器防災平板瓦・ゴムアスルーフィング
築年数
30~40年
建坪
保証
工事費用
150~200万円
施工事例

宮崎市薫る坂で台風被害による棟板金、屋根瓦、雨どいの復旧工事。火災保険をご利用頂きました。

20190413_屋根点検01
宮崎県宮崎市薫る坂屋根修繕_05
工事内容
棟板金交換
雨樋交換
外壁塗装
屋根塗装
その他の工事
足場
使用素材
ガルバリュウム鋼板・雨どい
築年数
20~30年
建坪
45坪
保証
工事費用
20~30万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

葺き戻し モニエル

 宮崎市本郷にてT様邸のモニエル瓦屋根葺き戻しを行った様子をご紹介します。瓦をはぐり、必要に応じて下地をやり替え新しい瓦を葺いていくのが葺き替え。対して瓦をはぐり、下地を新しくやり替え、はぐった瓦をまた屋根にのせていくのが葺き戻しです。 前...........

コロニアル 棟 雨漏り

 宮崎市月見が丘、Y様邸にて隅棟周辺の雨漏りに伴う下地、棟板金交換を行った様子をご紹介します。屋根瓦には様々な種類がありますが、どの瓦でも当てはまる弱点があります。その一つが棟周りです。様々な方向から違う角度やかたちで接するこの部分は職人が...........

コロニアル 雨漏り

 前回ご紹介しましたのは既存の屋根下地材(アスファルトルーフィング・合板)を撤去するところまででしたが、次に張り替えて瓦を葺き戻していく工程になります。その際重い資材を屋根に荷揚げするために写真のように足場に荷揚げ機を設置させてもらう場合が...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん宮崎店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-920-015