宮崎市月見ヶ丘にて外壁塗装に伴う下塗り工事を行いました。



宮崎市月見ヶ丘にて行っている塗装工事。
前回は、セメント瓦の屋根塗装工事についてお伝えいたしました。
今回は、外壁の下地塗装工事の様子をお伝えいたします。


まずは現場調査時点でのM様邸、外壁の劣化状況のご説明からしていきましょう。




~ 現場調査(外壁) ~

宮崎市塗装工事前現場

こちらが外観です。(北面より)

M様邸は築20年以上で塗装を一度もされていませんでした。
では、細かく外壁を観ていきましょう。
宮崎市塗装工事前1

外壁を触ってみると、白い粉が指に付きました!

これは、雨・紫外線・熱により塗料が劣化し塗料の色粉が表面に出てきている状況です。
これが出始めると、塗膜が弱ってきている証拠ですので、塗装工事が必要です!という1つのサインです。

宮崎市塗装工事前2

そして、外壁材塗膜のはがれになります。
こちらも塗膜の劣化によって起こる症状です。

いかがでしょうか?
皆さんもご自宅で外壁を触ってみると、白い粉が指につくかもしれませんよ!
(上記でご説明した劣化の症状はごく一部です。ぜひ専門家に調査していただいてください。)


こういった症状を見逃して放置し続けていると、後々のコストメンテナンスが
高くなるので、早め早めの行動がたいせつです!
(外壁が劣化しすぎて塗装ができないというお家もあります。外壁の張替えはコスト高です!)


~ 工事内容 ~


それでは、工事の内容に移っていきます。

工事の流れとしては、
まず、高圧洗浄をして外壁の汚れを落とします。
その次に、目地のシーリングの打ち替えを行います。
そして、今回ご説明する外壁の下地塗装です。(1回塗装していきます)


今回M様邸で使用した下地材は、
エスケー化研の水性SDサーフエポプレミアムというものになります。

塗膜表面の巣穴やヘアクラック(細かいひび割れ)などが埋まり、
滑らかな仕上がりを、また上塗りの滑らかさを際立たせ、光沢のある美しい仕上げになります。
(エスケー化研HPより)


宮崎市高圧洗浄洗い流し2

高圧洗浄後、
表面の劣化した塗膜がはがれた状況写真です。
宮崎市外壁下塗り

下地の塗装後の写真です。
塗膜がはがれたところを平滑にし、上塗り塗料が密着しやすいようになります。




この後はきちんと乾燥時間を設けて、次の工程(上塗り作業)に移ります。



今回は、外壁塗装に伴う下塗り工事の様子をお伝えいたしました。
次回は、外壁塗装(上塗り)の様子をお伝えいたします。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

宮崎市恒久南にて割れた瓦交換と漆喰補修できれいになりました。

before
after
工事内容
屋根補修工事
漆喰取り直し
使用素材
築年数
25年~35年
建坪
30~40坪
保証
工事費用
40万~50万
施工事例

雨漏れ補修のため屋根改修工事を宮崎市吉村町で行いました。

屋根 before
屋根 after
工事内容
屋根補修工事
使用素材
築年数
30~40年
建坪
30~35坪
保証
工事費用
30万~40万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟板金 交換 コロニアル

 宮崎市大字恒久にてT様邸の棟板金交換を行った様子をご紹介いたします。棟板金は主にコロニアルなどの化粧スレートの屋根やガルバニウム鋼板などの金属系の屋根に用いられ、木や樹脂などの下地を作り固定していきます。今回施工するT様邸は以前塗替え工事...........

漆喰補修 面戸

 宮崎市N様邸にて棟の面戸・取合い漆喰補修をおこなった様子をご紹介いたします。棟の面戸漆喰は桟瓦と棟瓦(のし瓦や冠瓦など)にできる三日月形の隙間を埋めるもので棟の取合いは大棟と隅棟や降り棟、風切丸の接合部分になります。正しく施工されたものは...........

棟板金 交換

 宮崎市U様邸にて化粧スレート屋根の棟板金交換を行った様子の続きをご紹介いたします。屋根材の中で一番最後に取付け、瓦より上にあたる棟板金。もし雨漏りが起きてしまったらまっさきに疑う程、雨水の侵入が起こりやすい個所になります。前回は2階部分の...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん宮崎店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-920-015