オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

宮崎市月見ヶ丘にて無機塗料を使用したセメント瓦の塗装工事を行いました。



宮崎市月見ヶ丘にて行っている塗装工事。
前回は、セメント瓦の屋根補修についてお伝えいたしました。
今回は、屋根塗装工事の様子をお伝えいたします。

補修を終えた後、どんな塗装工事を行っていくのでしょうか?

まず、M様邸で今回使用した塗料は、エスケー化研の【 プレミアムルーフSi 】 という無機塗料です。

最近よく耳にする「無機塗料」!
「無機って…?」と思われている方が多くいらしゃっるのではないでしょうか

~ 無機塗料について ~


まず、「無機」についてお話しさせていただきますが、
無機物と有機物はみなさんお聞きになったことがあると思います。

・無機物とは、炭素が原子結合に含まれない物質の結合(水やダイヤモンド)
・有機物とは、炭素が原子結合の中心となる物質の総称(炭素Cを含むもの、)


このように表記されると難しく感じられますよね…

簡単にお伝えすると、紫外線が当たり続けても
劣化しにくいものが「無機」劣化するものが「有機」となります。

そこで、この原理を塗料に応用することで紫外線による劣化を防ぐことができるのではないか、
ということで開発されたものが「無機塗料」となります。
(塗料の劣化を促進するのは、主に紫外線・熱・水なのです。)



無機塗料の特長としては、
・耐候性が高い
・汚れにくい
・作業性がよい



無機塗料を屋根や外壁に塗ることで、長期間劣化がしにくく、美観を保たせることができるのです。
(大手メーカー*が生産している信用できる塗料であるものに限ります。)


*大手メーカー…日本の三大メーカー、エスケー化研・日本ペイント・関西ペイント

~ 工事内容 ~


では、実際に工事の内容にうつっていきます。

内容に関しては、

下地:浸透型のエポキシ樹脂の下塗りで弱った瓦を補強します。(1回)
上塗り:対候性に優れた、無機塗料を塗り長期間にわたり屋根材を保護し美観を保ちます。(2回)

計3回塗りです!
宮崎市塗装屋根下塗り

下塗り完了写真

まずは下塗りを丁寧にセメント瓦に浸透させながら塗っていきます。
弊社は膜厚を付け、丁寧に塗るためすべてローラー工法(手塗り)をしています。

きちんと乾燥時間を設けて、次の工程の中塗り(色付け)に移ります。

宮崎市屋根塗装中塗り
中塗り写真

上塗りとの密着を高めるため、きちんと膜厚をつけながら塗っていきます。

宮崎市屋根上塗り
上塗り完了写真

仕上げです!塗り残しが無いように丁寧に塗っていきます。

19か所も割れていたセメント瓦がまるで新築時の瓦のように生まれ変わりました!!


以上で、セメント瓦の塗装工事は完了となります。


上記では無機塗料についてお話しさせていただきましたが、
一概に無機塗料がオススメ!とはいいがたいのです。

きちんと信頼できる塗料メーカーの無機塗料だったり、
適材適所という言葉があるように、素材によって無機塗料が塗装できないものもあるので、

施工方法や塗料を十分見極めたうえで使用いたしましょうね!



今回は、無機塗料を使用したセメント瓦の塗装工事をお伝えいたしました。
次回は、外壁の下塗りについてお伝えいたします!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

宮崎市恒久南にて割れた瓦交換と漆喰補修できれいになりました。

before
after
工事内容
屋根補修工事
漆喰取り直し
使用素材
築年数
25年~35年
建坪
30~40坪
保証
工事費用
40万~50万
施工事例

雨漏れ補修のため屋根改修工事を宮崎市吉村町で行いました。

屋根 before
屋根 after
工事内容
屋根補修工事
使用素材
築年数
30~40年
建坪
30~35坪
保証
工事費用
30万~40万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

外壁中塗り 塗装

 宮崎市清武町にてY様邸の外壁・屋根塗替えを行った様子をご紹介いたします。塗装は美観を良くするだけではなく家全体の耐久を維持してくれます。何もしないで放置した時と塗装を行った時では家屋としての寿命に大きな差が生まれます。今回は壁の上塗りや屋...........

谷樋交換 セメント瓦

 小林市堤にてK様邸の谷樋交換を行った様子をご紹介いたします。谷樋は屋根の谷(流れの異なる面の取合い部分*折り紙の谷折りをイメージすると分かりやすい)に取付ける樋です。樋と言ってもよくイメージされる軒先の雨樋とは形状や材質も大きく異なり、谷...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん宮崎店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-920-015