オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

宮崎市佐土原にて屋根の調査


屋根 点検 調査
  宮崎市佐土原にて屋根の点検を行いました。
明らかな破損や不具合ではなくとも少しでも気になった事や違和感のある時には付き合いのある業者や信頼できる業者に点検を依頼する事はとても大事なことです。人も同じですが、たとえ小さな傷でも処置もせずそのままにしていると部位や環境によっては悪化し、化膿してしまうように住宅も被害が大きくなり、補修するのに倍以上の費用や労力が必要になってしまう事もあります。
コロニアル 釘浮
 お客様の屋根はよくコロニアルなどといわれる化粧スレートです。このタイプの屋根によく見られるのですが、写真の赤丸のように板金を固定する釘が抜けてくる状態です。風や振動などで抜けてきたり、内部の木下地が雨水の侵入で腐食してくるとこのような状態になります。一度抜けてくると押し込むだけでは釘が効きませんので別な個所に打ち直して穴を埋めるか木下地を板金ごと交換しなければいけません。そのままにしておくと板金が捲れ、強風で飛ばされる危険があります。
コロニアル ズレ
 こちらはスレートが抜け落ちています。通常コロニアルなどの化粧スレートは専用の釘で固定しています。なので写真のようにずれてきている場合は内部で釘を打っている4か所を通るように横に割れている可能性が高いです。おそらくその上に集熱屋根のためのガルバリウム屋根と強化ガラスが重なっているので施工の際の小さなヒビや長年の加重で割れてしまったのだと思われます。このままでは落ちて人やものを傷つけてしまったり雨漏りの可能性が高まるのでいち早く差し替えたほうがいいです。
4-21-columns2
這い樋 破損
 こちらは這樋といわれる一階の屋根の上を通る雨樋です。根元から折れて無くなってしまっています。
二階の屋根に降った雨水が軒先の横樋を通り、集水器に集められ、竪樋を流れて這樋を経て一階の軒樋へ流れます。なので這樋が無ければ二階に降った雨水がまとまって竪樋の出口から一階の屋根に流れ出ます。水の勢いは早まれば瓦の隙間を逆流する危険がありますし、そこだけ劣化が早まります。ここも早急に補修しなければいけません。



 今回ご依頼されたお客様はもともと這樋の破損を見てもらうついでにとの事で屋根も調査しましたがまさかこんなに傷みがあるとは思っていなかったと思います。屋根は住宅の中で一番過酷な環境下にある部分ですので定期的なメンテナンスはもちろんですが、日ごろから意識して見ていただけるとよいかと思います。

同じ地域の施工事例

施工事例

宮崎市月見ヶ丘にて板金屋根のケレン作業をしたのち塗装工事をしました。

S__23994372-e1571040452505
S__23994373
工事内容
屋根塗装
使用素材
エスケー化研
築年数
30~40年
建坪
30~40坪
保証
工事費用
施工事例

宮崎市大橋で火災保険を利用した屋根瓦の葺き替え工事で屋根をリニューアル。

20190515_oohasi02
20190614_宮崎県宮崎市大橋_瓦葺き替え_01
工事内容
屋根葺き替え
漆喰詰め直し
足場
使用素材
陶器防災平板瓦・ゴムアスルーフィング
築年数
30~40年
建坪
保証
工事費用
150~200万円
施工事例

宮崎市薫る坂で台風被害による棟板金、屋根瓦、雨どいの復旧工事。火災保険をご利用頂きました。

20190413_屋根点検01
宮崎県宮崎市薫る坂屋根修繕_05
工事内容
棟板金交換
雨樋交換
外壁塗装
屋根塗装
その他の工事
足場
使用素材
ガルバリュウム鋼板・雨どい
築年数
20~30年
建坪
45坪
保証
工事費用
20~30万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

20190811_kawarahasonn_01

宮崎市新別府町のお客様より令和元年台風8号の被害があったとご連絡を頂きました。有難うございます。早速、準備をして調査にお伺いしてみました。事前にご主人さまにて屋根瓦へブルーシート掛けを行ったとのことでした。

20190607_宮崎市清武町今泉_01

2ヶ月程前にガルバリュウム鋼板による屋根瓦のカバー工法ほかで屋根のリフォーム工事ほかをご提案していたお客様の工事がスタートしました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん宮崎店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-920-015