屋根に登る方法と登ってはいけない条件、準備方法、注意点を教えます!


屋根に上る方法

屋根トラブルが発生した場合、どのように対処しますか?


大きな屋根トラブルならば業者に修理を依頼することが多いと考えられます。


しかし、小さな屋根トラブルや応急処置、雪かきなどはご自身で屋根に登ることもあるでしょう。


屋根に登る行為はプロでも危険を伴うことがあり、細心の注意と事前準備が必要です。

一歩間違えれば、命の危険に関わるほどの行為ということを覚えておいてください。


この記事では、屋根に登る方法や、登ってはいけない条件、準備方法、注意点について解説します。

屋根の登り方は主に3つ

上ってはいけない屋根

屋根の登り方は主に3つあります。


1.住宅に備え付けてあるハシゴを利用する
2.自前でハシゴを用意して上る
3.業者に足場の設置を依頼する


登り方のポイントと合わせて解説します。

住宅に備え付けてあるハシゴを利用する

住宅に備え付けてあるハシゴとは外壁に設置されている「屋根点検用ハシゴ」のことです。


わざわざハシゴをかけなくても屋根に登れるため、雪かきを頻繁におこなう地域の住宅に備え付けてあることが多いでしょう。


外壁に固定されているため、ひとりでも屋根に登ることが可能です。

住宅に備え付けのハシゴが設置されていない場合は、市販のハシゴを用意して登る方法があります。


ただし、ハシゴは左右の揺れに弱く転倒しやすいため誰かに必ず支えてもらう必要があります。

業者に足場の設置をしてもらい、屋根に登る方法もあります。

3つの方法の中ではいちばん安全性に優れていますが、費用がかかることがデメリットです。


足場の設置のみを依頼するくらいなら、屋根修理も一緒に依頼した方が安心・安全です。


屋根に登ってはいけない条件

屋根のたわみ

ハシゴなどを利用すれば屋根に登ることができますが、屋根には「登ってはいけない条件」があります。

条件を無視して屋根に登る行為は非常に危険で、命を落とす原因にもなります。

屋根の上は高所なだけではなく傾斜がついているため、足元が非常に不安定です。

また、瓦屋根のように表面がゴツゴツした足元では歩くのさえ困難でしょう。


屋根の勾配が急な場合は危険性がさらに増すため、絶対に登らないようにしましょう。

屋根材は滑りやすい素材でできており、屋根が濡れると落下の危険があります。


天気予報を確認するなどして早めに対応するか、雨や雪が止んで屋根が乾いてから登るようにしましょう。

地上と違ってさえぎるものがほとんどない屋根の上は、風の感じ方が非常に大きいです。


足元が不安定な屋根の上で強風を受けると転落する恐れがあります。

風が強いときは絶対に屋根に登らないようにしましょう。


屋根に登るために必要な要素

屋根補修の様子
屋根に登る際は、十分な事前準備が必要です。

以下では、どのような準備をおこなえばよいかを解説します。

屋根に登るときは安全性を考えて下記の道具を用意しましょう。

  • ヘルメット

  • 屋根専用作業靴

  • 安全ベルト

  • ハシゴ

  • 作業用グローブ


「ヘルメット」は、転倒や転落時に頭部を守る際に必要です。

「屋根専用作業靴」は、滑りにくい素材で作られている物を選びましょう。

「安全ベルト」は、ハシゴと雨樋を固定して転倒を防ぐ目的で使います。


「ハシゴ」は、品質と安全性の高い「JISマーク」や「SGマーク」の商品を利用しましょう。

「作業用グローブ」は、滑り止めやケガの防止に必須です。

屋根に登るために必要な人材

ハシゴは横揺れに弱く少しの振動でも転倒する恐れがあるため、下で支える人が必要です。

屋根に登るときは、絶対にひとりで登らないようにしましょう。

屋根に登る際の注意点

屋根に上るときのポイント

屋根に登る際は細心の注意が必要です。

以下の注意点を把握し、安全第一で屋根に登るようにしましょう。

ハシゴの角度が75度以上だと後ろに倒れやすくなり、75度未満ではハシゴが滑りやすくなります。

ハシゴを立てる際は、必ず75度の角度を守るようにしましょう。


ハシゴを登りきったときは、必ずハシゴの上端と雨樋を安全ベルトで固定します。

ハシゴは少しの振動でも転倒しやすいため注意が必要です。

屋根の下にはハシゴを支えてくれている人や通行人がいるため、上物を落とさないよう注意しましょう。

思わぬ事故の原因につながります。




まとめ:屋根に登るのは非常に危険!補修は業者に任せよう

屋根に上るときのポイントまとめ

屋根に登るのは非常に危険な行為です。

特に雨や雪が降っているときや風が強いときは転落事故が起きやすく、最悪の場合は命を落とすでしょう。


少しでも不安がある場合はご自身で屋根に登らず、業者に依頼するようにしましょう。


屋根のメンテナンスについて詳しく知りたい場合は

屋根のメンテナンス時期の見分け方と必要な費用相場を専門家が解説

もチェックしてみてください。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん宮崎店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-920-015