オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

アスファルトシングルにアスベストが含まれているか調べる方法


アスファルトシングルにアスベスト

「アスファルトシングルにはアスベストが含まれているって本当?」

「うちの屋根にアスベストが含まれていたらどうしよう?」

 

アスベストは健康被害の問題から2006年に全面禁止された材料です。

ニュースでも大きく取り上げられたことから、自宅にアスベストが使われているか気になっている方も多いでしょう。

 

この記事では以下の内容について解説します。

 

  • 自宅のアスファルトシングルにアスベストが含まれているか調べる方法
  • 自宅のアスファルトシングルにアスベストが含まれていたときの対処法
  • アスベストを含むアスファルトシングルをリフォームする方法

 

記事の内容を参考に、今後の対応を考えてみましょう。

アスファルトシングルにアスベストが含まれているか調べる方法

スーパーガルテクトのメリットとデメリット

 アスファルトシングルにはアスベストを含んでいるケースがあります。

 

自宅のアスファルトシングルにアスベストが含まれているか調べるなら、まずは建築年月日を確認してください。

 

アスベストが全面禁止となったのは2006年の9月1日です。

この日以降に施工された屋根であればアスベストは含まれません。

 

また、2004年の規制の時点で実質的には屋根にアスベストを使う製品はほとんどなくなっています。

 

ただ、アスベストの規制は全面禁止になる前から少しずつ進んでいました。

2006年9月1日以前の施工だからといって、必ずしもアスベストを含んでいるわけではありません。

 

メーカーや品番がわかっているのなら、一般財団法人建材試験センターが管理する「石綿含有建材データベース」で調べられます。

屋根の情報が手元にない場合は業者に確認してもらうしかありません。

自宅のアスファルトシングルにアスベストが含まれていたら

アスファルトシングルにアスベスト2

実は、屋根にアスベストが含まれていても悪影響は少ないといえます。

なぜなら、屋根材に含まれるアスベストはセメントと混ぜ固められているからです。

 

アスベストが健康被害をもたらすのは、細かい繊維を空気と一緒に吸い込んでしまったときです。

 

そのため、室内に吹き付けられているアスベストは吸引してしまう可能性が高く危険だといえます。

 

一方で、屋根材に含まれるアスベストは飛散しにくく、吸い込んでしまうリスクはほとんどありません。

 

もちろん屋根材が劣化していると飛散する恐れはあります。

ただ、アスベストを含む屋根材は高い耐久性を持っているのが特徴です。

状態に問題がないのであれば、経過観察を続けても問題は無いと考えられます。

アスベストを含むアスファルトシングルからリフォームする方法

アスファルトシングルにアスベスト3

どうしてもアスベストが心配な場合、もしくは修繕が必要な場合はリフォームが必要です。

 

アスベストを含む屋根のリフォームは大きく2パターンに分けられます。

ひとつは葺き替え工事、もうひとつはカバー工法による工事です。

 

それぞれの施工方法について詳しく解説します。

葺き替え工事

葺き替え工事とは、現在の屋根を撤去して新しい屋根に取り替える工事のことです。

 

葺き替え工事は廃材の撤去費用がかかるほか、アスベストの処理費用もかかります。

そのためカバー工法よりもコストの高い工事となるでしょう。

 

工期が長くなってしまうのも葺き替え工事のデメリットです。

一方で、葺き替え工事が終わってしまえばアスベストの心配は今後しなくて済みます。

カバー工法

カバー工法とは、今の屋根の上に別の屋根材をかぶせる工事のことです。

カバー工法であれば今の屋根を撤去する必要がなく、費用を抑えられます。

 

しかし、この方法ではアスベストの心配はなくなりません。

いずれはアスベストを取り除くための工事も必要になります。


 

 

メリット

デメリット

葺き替え工事

・アスベストを取り除ける

・費用が高くつく

・工期が長い

カバー工法

・費用を抑えられる

・工期は短め

・アスベストが残る

 

予算に余裕があるなら葺き替え工事を検討してみてください。

とりあえず今を乗り切りたいと考えるならカバー工法を検討してみましょう。

アスファルトシングルにアスベストが含まれていても影響は少ない

アスファルトシングルにアスベスト3

2006年9月1日以降に施工されたアスファルトシングルであればアスベストは含まれません。

 

建築年月日で判断できない場合は、メーカーや品番を確認して「石綿含有建材データベース」で調べてみましょう。

どうしてもわからない場合は業者に相談してください。

 

屋根にアスベストが含まれていても健康への影響はありません。

どうしても心配な場合や、すでに劣化が進んでいる場合はリフォームを検討しましょう。

 

アスベストの詳しい情報は「アスベストの屋根を塗装は可能なの? 危険性と自宅の屋根の見分け方」でも解説しています。

 

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん宮崎店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-920-015