オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

ガルバリウム鋼板とスレート屋根を徹底比較!人気屋根材の特徴を解説


たくさんの種類がある屋根材の中で、特に人気の高い屋根が「ガルバリウム鋼板」と「スレート屋根」です。

ご自宅の屋根にどちらを採用すべきか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

 

この記事では、この2種類の屋根材についてメリットやデメリットなどを整理して、価格や性能、耐久性などの特徴を詳しく比較解説していきます。

ぜひご自宅の屋根選びの参考にしてみてください。

 

ガルバリウム鋼板とは

ガルバリウム鋼板屋根

ガルバリウム鋼板は、鉄の鋼板を機材にアルミニウムや亜鉛を加え構成された厚さ1mm前後のとても薄い屋根材です。

軽くて丈夫な金属屋根のサビやすいという弱点を、アルミニウムと亜鉛でカバーした総合力の高い金属屋根です。

スタイリッシュな見た目で安価かつ耐久性が高いことから、近年人気が高まっている注目の屋根材と言われています。

 

耐用年数は25~30年ほど、価格は1平方メートルあたり6,000~9,000円程度です。

 

ガルバリウム鋼板のメリット

  • 屋根材の中では比較的安価
  • 不燃材料であるため耐火性に優れている
  • 耐久性が高く、耐用年数が長い
  • 軽量であるため耐震性が高い
  • カバー工法による重ね葺きが可能

 以上が、ガルバリウム鋼板のメリットです。

ガルバリウム鋼板のデメリット

  • 断熱性が低いため、別途断熱材などによる対策が必要
  • 防音性が低いため、雨音が建物の内部に伝わりやすい
  • 断熱性や防音性を上げるために、費用がかさむ場合がある
  • 耐久性は高いが傷やへこみは付きやすいため、メンテナンスが必要
  • 塩害地域ではサビが出ることがあり耐用年数が短くなる

以上が、ガルバリウム鋼板のデメリットです。

スレート屋根とは

【宮崎県宮崎市】月見ヶ丘の住宅の148平方メートルある屋根を塗装していきます屋根下塗り_1_確定

スレート屋根とは、セメントの成分に繊維質の材料を混ぜて成形した5mm程度の薄い屋根材のことです。

カラーベスト、コロニアルなどといった商品の名前で呼ばれることもあります。

色やデザインの種類が豊富で安価な屋根材であるため、一般的に広く普及している人気の屋根材です。

 

耐用年数は20~25年ほど、価格は1平方メートルあたり4,500~8,000円程度です。

スレート屋根のメリット

  • 屋根材の中では比較的安価
  • 断熱性や防音性に優れている
  • 燃えにくい素材であるため耐火性も高い
  • 施工がしやすく、対応可能な業者が多い
  • 軽量であるため耐震性が高い

 以上の点が、スレート屋根のメリットです。

 

 

スレート屋根のデメリット

  • 耐久性が高くないため、人の重さや強風により割れてしまう場合がある
  • 暴風雨に比較的弱く、スレートの隙間から雨水が入り込むことがある
  • 塗膜の劣化により防水性能が落ちるため、約10年ごとに塗装が必要
  • 水分が滞留しやすく、コケやカビが生えることがある
  • 凍害に弱いため、寒冷地には対応できない

 以上の点が、スレート屋根のデメリットです。

ガルバリウム鋼板とスレート屋根の比較

【宮崎県西都市】岩爪で黒い屋根の下塗り〜中塗りまでをおこないました!下塗り

ガルバリウム鋼板とスレート屋根はどちらも比較的安価な屋根材で、カラーバリエーションが豊富なこともあり高い人気があります。

それぞれの特徴について、項目別に比較していきましょう。

より安価な屋根材はどっち?

ガルバリウム鋼板もスレート屋根も、屋根材の中では比較的安価な種類ではありますが、どちらかと言えばスレート屋根の方が安価な商品が多いです。

板金工事の専門業者が施工することの多いガルバリウム鋼板と違い、施工ができる業者が多いことも低コストの理由の一つとしてあげられるでしょう。

 

断熱性や防音性はスレート屋根の方が高い

断熱性や防音性に関しては、ガルバリウム鋼板よりもスレート屋根の方が高いです。

 

ガルバリウム鋼板は非常に薄い屋根材であるため、断熱性や防音性を高めるためには別途断熱材などの施工が必要です。

スレート屋根の方も防音性が極端に高いわけではありませんが、同じく安価なガルバリウム鋼板よりは比較的高い防音性があります。

 

耐久性や耐用年数を重視するならガルバリウム鋼板

耐久性の高さや耐用年数の長さに関しては、スレート屋根よりもガルバリウム鋼板の方が上です。

 

重さや衝撃で割れてしまうことのあるスレート屋根に比べ、金属屋根であるガルバリウム鋼板の方が丈夫です。

ガルバリウム鋼板も傷やへこみができることはありますが、適切なメンテナンスをすればスレート屋根よりも長持ちします。

 

リフォームではガルバリウム鋼板が人気

リフォームの場合は、ガルバリウム鋼板を採用するケースが多いです。

 

元々の屋根の種類や状態によっては、ガルバリウム鋼板を用いたカバー工法という施工方法により、既存屋根を上から覆うように重ね葺きをするというリフォーム工事が可能になります。

既存屋根を全て撤去して新たに葺き替えるよりも安価に工事ができるため、リフォームの現場ではガルバリウム鋼板がとても人気です。

 

まとめ:価格重視ならスレート、耐久性ならガルバリウム鋼板がおすすめ

タスペーサーが使用できない屋根

ガルバリウム鋼板とスレート屋根の特徴について解説いたしました。

価格重視の方にはスレート屋根が、耐久性重視の方にはガルバリウム鋼板がおすすめです。

 

それぞれの屋根のメリットとデメリットを踏まえ、ご予算や好みに応じたご自宅にぴったりの屋根材を選んでください。

他の屋根材と比較したい場合は「屋根材の特徴や価格などを徹底比較!悩まず張り替えしよう」もチェックしてみましょう。

 

 

 

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん宮崎店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-920-015