オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

家鳴りの原因を種類別に紹介!困ったときの対処法もチェック


屋根からの雨漏れ 屋根裏も点検

家の中にいると、突然、ピシッとか、バシッなどの音が聞こえることがあります。

 

一瞬、何の音か原因が分からず心当たりを探しますが、何度か同じような音を聞くうちに、家そのものからの音と気づきます。

 

この音は「家鳴り」といい、多くは構造材や下地材の乾燥・収縮が原因です。

自然現象のひとつですから、ほとんどは心配するようなものではありません。

 

とは言っても、家鳴りの仕組みや原因が分からなければ、不安は解消されないでしょう。

不安を解消するために、この記事では家鳴りの仕組みや原因を紹介します。

 

なかには注意してほしい家鳴りもありますので、ぜひ参考にしてください。

 

乾燥・収縮による家鳴りの原因と対処方法

木塗装のデメリット

複雑に組み合わされた構造材や下地材は、乾燥や収縮をする接合部に歪みが発生します。

歪みが解放される時の音が家鳴りです。

 

歪みの解放が原因と聞くと不安になるかもしれませんが、ほとんどが構造的に大きな問題となるようなものではありません。

 

大気中の水分を吸収・放出する木の性質によるものなので心配はいらないでしょう。

具体的に説明していきます。

新築時の構造材などの乾燥で起こる家鳴り

木造住宅の骨組みの構造材には、構造用製材(ムク材)と構造用集成材があります。

 

構造用製材の含水率は25%以下、構造用集成材では15%以下とJAS(日本農林規格)で規定されています。

 

新築後の木材は経年で、季節や地域による湿度に順応し、やがては大気中の湿度と木の含水率とが平衡するようになります。

 

これを気乾状態といい、含水率は15%前後になると言われています。

 

気乾状態になるまでは数年が必要で、その間は構造材や下地材の乾燥・収縮による家鳴りは避けられません。

 

また、新築時の各部材同士が十分に馴染んでおらず、乾燥・収縮で落ち着くという面もあります。

冷暖房による家鳴り

気乾状態で平衡している家でも、冷暖房などで局所的な温湿度変化が起こると、家鳴りすることがあります。

 

  • エアコンは化粧梁などに冷気が直接当たる位置に設けない
  • ガスストーブは長期間使用しない

 

エアコンの冷気が化粧梁などの木部に直接当たると、含水率が10%以下になることがあります。

 

石油ストーブやガスストーブは、燃焼する時に水分を発生させるため家鳴りの原因となります。

対処方法

エアコンの取り付け位置に注意し、局所的な温湿度変化が起こらないようにしてください。

 

ガスストーブを長時間使用すると、室内の湿度が80%にもなることがあります。

長時間の継続使用時には、適度に換気を行ってください。

室内に温湿度計を設けることをおすすめします。

 

温度変化による家鳴りの原因と対処方法

木塗装デメリット

日差しによる温度上昇が原因で、外壁や屋根などの外皮部分で家鳴りすることがあります。

 

日差しで受けた外皮の熱が内部に伝わり、暖かくなると膨張し、冷めると収縮する木の性質から家鳴りが起こるのです。

外壁まわりの家鳴り

外壁の南側や西側では、局所的に温度が上がり、家鳴りすることがあります。

西日が当たる面は短時間で温度が上昇しやすく、家鳴りも起こりやすいでしょう。

 

屋根まわりの家鳴り

屋根裏の家鳴りは、屋根面に受けた日差しで屋根裏が高温になり、棟木・母屋・垂木や梁などが膨張することが原因です。

夏の屋根裏では、60℃ほどになることがあります。

 

対処方法

外壁や屋根の温度上昇を抑え、家鳴りの原因を軽減する方法に通気工法があります。

通気工法とは、外壁や屋根の内側に通気層を設け、部材の腐食を抑えると共に温度上昇を抑える効果があります。

 

屋根裏に配置されている換気口も通気工法の一種です。

換気口が適切に配置されているか、ゴミや蜘蛛の巣などで塞がっていないかを確認してください。

 

太陽光発電を利用した換気扇付きの換気口が有効な場合もあります。

 

注意してほしい家鳴りの原因と対処方法

S__7372835-e1580968207669

家鳴りの原因の中には、構造的に注意しなければならないものもあります。

地震後に起こるようになった家鳴り

地震の揺れでほんの少しずれた接合部が、温度や湿度の変化で元に戻る時に家鳴りがすることがあります。

 

この場合は、やがて落ち着きますので少し様子を見ましょう。

もちろん、壁にクラックなどの損傷が起きている場合は、家鳴り以前の問題で技術者によるチェックが必要です。

 

リフォーム後に起こるようになった家鳴り

増築あるいは屋根の葺き替えなどを行った後、家鳴りすることがあります。

増築の場合は、経年で安定していた構造物に新しいもの追加するため、双方の動きの違いで家鳴りが発生するでしょう。

 

屋根のリフォームで起こる家鳴りは、重量の増減によるものがほとんどです。

リフォームで屋根重量が軽くなった時は、今まで抑えられていた構造材が解放する方向に動き、重くなった時は耐える方向に動くため、家鳴りになって現れます。

 

対処方法

増築や屋根荷重が重くなるリフォームでは、事前に技術者による構造の検討をしてもらうことをおすすめします。

 

業者にすすめられるままに、十分な構造の検討がないままリフォームをして後悔しないように注意しましょう。

原因がわからなくても家鳴りの記録を残して業者に相談しよう!

フラット瓦のメリットとデメリットとは

ほとんどの家鳴りは自然な現象で心配するようなものではありません。

 

それでも不安が解消されない場合は、どのような季節・時間・状況で家鳴りしたかを記録することをおすすめします。

 

業者や技術者は、経験から家鳴りの原因を推定できます。

しかし、細かな記録があれば、より的確な判断と対応ができるでしょう。


「台風でも飛ばない屋根と、材料ごとのメリット・デメリットをご紹介!」では、台風でも飛びにくい屋根を紹介しています。

ぜひ確認してみましょう。




信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん宮崎店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-920-015