オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根をシルバーにするメリットとデメリットを注意点とともに紹介!


ガルバリウム鋼板縦葺き横葺き

「シルバーの屋根にはどんな特徴があるのか」

「屋根の色をなかなか決められなくて困っている」

 

こういった悩みをお持ちではないでしょうか。

この記事では、シルバーの屋根に関する以下の項目を紹介しています。

 

  • 屋根の色をシルバーにするメリットとデメリット
  • 屋根の色を決める際の注意点

 

それでは、みていきましょう。

屋根の色をシルバーにするメリットとデメリット

ガルバリウム鋼板 縦葺き 横葺き

屋根の色をシルバーにする場合は、メリットだけではなくデメリットがあります。

それぞれを理解した上で、屋根の色をシルバーにするのかを判断しましょう。

屋根の色をシルバーにするメリット

屋根の色をシルバーにするメリットは以下のとおりです。

 

  • 暗い色よりも熱の反射率が高い
  • 様々な外壁の色と合わせやすい

 

1つずつ解説していきます。

シルバーの屋根は暗い色のものよりも反射率が高いので、熱の吸収率が低くなります。

また、夏場は太陽高度が高いので、屋根面は太陽光による影響を受けやすくなるでしょう。

反射率の高いシルバーの屋根を採用することで、夏場における室内の温度上昇を抑えられます。

 

シルバーは黒色と白色をベースとした無彩色です。

色味が入ってこないので、様々な外壁の色と合わせやすいのが特徴です。

屋根の色をシルバーにするデメリット

屋根の色をシルバーにする際のデメリットは以下のとおりです。

 

  • 明るい色の屋根を持つ家は少ないので目立つ
  • 汚れや色あせが目立ちやすい

 

1つずつ解説していきます。

シルバー色の屋根は工場や倉庫などでよくみられますが、住宅ではあまり使われていません。

明るい色の屋根は周りの景観と調和が取れない可能性があり、他の家に比べて目立つことを理解しておきましょう。

 

建物の中でも屋根は特に汚れやすい部分です。

屋根の色が明るいと、汚れや色あせが目立ちます。

屋根の色を明るめのシルバーにする場合は、汚れや色あせに注意する必要があります。

屋根の色を決める際の注意点

S__7372878-e1580977151962

屋根の色を決める際は、以下の点について注意が必要です。

 

  • 色の面積効果を考慮する
  • 外壁やサッシとの相性を考慮する
  • 周辺の景観とバランスをとる

 

1つずつ解説していきます。

色の面積効果を考慮する

波型スレートとはどのようなものか

面積効果とは、同じ色でも面積によって明るく見えたり暗く見えたりする現象のことです。

屋根は面積が大きいので、完成品とイメージの剥離が起きる可能性が高くなります。

色の面積効果を理解して、イメージ違いにならないように注意しましょう。

外壁やサッシとの相性を考慮する

屋根の色を決める場合は、外壁やサッシとの相性を考慮する必要があります。

塗装業者や塗料メーカーのホームページでは、カラーシミュレーションというサービスがあります。

 

外壁や屋根の色を自由に変更して、実際の仕上がりをイメージできるでしょう。

事前にカラーシミュレーションで屋根と外壁やサッシとの相性を調べておくことで、色を決めるのが容易になります。

周辺の景観とバランスをとる

地域によっては、景観ガイドラインによって屋根の色を制限されている場合があります。

事前に地域のホームページや自治体への問い合わせから確認しておくといいでしょう。

 

法的には問題なくても奇抜な色を選ぶと近隣とのトラブルになる可能性もあります。

周囲の景観とのバランスに配慮して、屋根の色を選びましょう。

まとめ:屋根の色をシルバーにする際は景観に配慮しよう

瓦

明るい色の屋根は太陽光の反射率が高く実用的です。

しかし、暗い色の屋根に比べると目立ちやすく、周辺の景観への配慮が必要です。

近隣とのトラブルを避けるためにも、周辺の景観と調和のとれた色選びをしましょう。

 

屋根色の決め方を知りたい人は「屋根の色の決めかたとオススメを紹介!遮熱塗料で避けたい色とは」もチェックしてみてください。

 

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん宮崎店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-920-015