オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

宮崎市高岡町にてS様邸の雨漏り調査


 宮崎市高岡町にて雨漏り調査を行った様子をご紹介いたします。雨漏り調査は屋根の上や天井裏などに登ったりしていろいろな角度から調べていきます。それは被害箇所が原因箇所とは言えないからです。例えば天井に雨染みが出ているからといってその真上の屋根が原因ではなく、もしかしたら雨が別な所から侵入して被害箇所付近で室内に入ってる場合もあります。
雨漏り調査 谷
雨漏り調査 谷
  今回雨漏りの調査依頼がありましたS様邸です。二階の入隅付近の室内で天井から漏っているのと、外の鼻隠しで被害が見られます。鼻隠しの傷み具合から谷樋付近なのは間違いない事が分かります。原因箇所がはっきりしてきたので屋根に登って実際にどのような状況かを調べます。
雨漏り調査 谷
 原因箇所の谷部です。引きの写真では分かりづらいですが登ったらすぐに原因が分かりました。
雨漏り調査 谷
雨漏り調査 谷
 谷樋に無数の穴が空いていました。穴が空いた原因もすぐに分かりました。谷樋に銅板が使用してあり、瓦が釉薬瓦で葺いてありました。銅板も陶器瓦もどちらの材料も高い耐久で歴史の古くから頑丈なものとして扱われてきた材料ですが、二つの組み合わせが物凄く悪いことが言われています。銅版は釉薬瓦の成分が雨水などに溶けて当たり続けることで腐食してしまうのです。電蝕とも言いますが、釉薬に含まれる金属の成分と銅が互いに影響し合って錆をおこしてしまうのです。本来銅は雨や水に当たるところだけ青緑という錆を起こします。しかし青緑はその表面に広がるだけで内部はむしろ守られ、耐久を維持してくれます。なので歴史の古い建造物や大仏などには銅が使われているぐらい耐久が高いものです。しかし釉薬瓦と組み合わせるとせいぜい20年ほどで寿命が来てしまうと思っておいた方がいいです。

S様邸の谷樋は穴だらけで下葺き材なども傷んでいますので下地から谷樋まで全交換になりました。また工事の様子は後日ご紹介したいと思います。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

宮崎市神宮でセメント瓦・防水紙劣化による雨漏りを屋根葺き直し工事で修繕

宮崎市神宮セメント瓦部分修理_00
IMG_7213_R
工事内容
屋根葺き直し
雨漏り修理
使用素材
改質アスファルトルーフィング シーリング材 中古セメント瓦
築年数
40~50年
建坪
30坪
保証
工事費用
30~40万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

谷樋交換 セメント瓦

 小林市堤にてK様邸の谷樋交換を行った様子をご紹介いたします。谷樋は屋根の谷(流れの異なる面の取合い部分*折り紙の谷折りをイメージすると分かりやすい)に取付ける樋です。樋と言ってもよくイメージされる軒先の雨樋とは形状や材質も大きく異なり、谷...........

谷樋交換 セメント瓦

 小林市堤にてK様邸の谷樋交換を行った様子をご紹介いたします。谷樋は屋根の谷(流れの異なる面の取合い部分*折り紙の谷折りをイメージすると分かりやすい)に取付ける樋です。樋と言ってもよくイメージされる軒先の雨樋とは形状や材質も大きく異なり、谷...........

谷樋交換 セメント瓦

 小林市堤にてK様邸の谷樋交換を行った様子をご紹介いたします。谷樋は屋根の谷(流れの異なる面の取合い部分*折り紙の谷折りをイメージすると分かりやすい)に取付ける樋です。樋と言ってもよくイメージされる軒先の雨樋とは形状や材質も大きく異なり、谷...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん宮崎店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-920-015