オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

国富町Y様邸にてセメント瓦フレンチの棟取り直し


 国富町Y様邸にてセメント瓦フレンチの棟取り直しを行った様子をご紹介いたします。棟取り直しとは一度ばらした棟を下地などをやり替えてもう一度積んでいく工事です。雨漏りの原因が棟周辺だったり棟絡みの瓦が明らかに破損している場合などに行う事が多いです。
ばらす際にどうしても壊さないといけない個所や力の入れ具合で壊れてしまうこともあります。その際に既存の瓦がどうしても手に入らないことも多々ありますのでそっくりそのままの状態に戻す事が出来ない可能性もあります。
セメント フレンチ 棟取り直し
  Y様邸のお屋根です。フレンチなどと呼ばれるM型の形になります。よく似た形でモニエル瓦のセンチュリオンがあり、こちらは廃盤になっていますがY様邸の瓦のようにセメント瓦のフレンチはおそらく富士スレートさんの商品で代替えの瓦があるようですので間違えないようにしましょう。分かりやすい違いとしては下端の厚みの部分がモニエルならごつごつ、セメントならつるつるしています。
セメント フレンチ 棟取り直し
 今回工事するきっかけとなった雨漏りが大棟からである可能性が濃厚であったので棟を取り直して下地を換え、また積んでいきます。
棟を取り外していきます。冠瓦を壊れないように外して中のモルタルを撤去します。冠瓦を固定するために番線を結んだ太い釘が棟の真下に打ち込んでありました。雨水で錆びて釘周辺のルーフィングや野地板は腐食していました。他の個所のルーフィングには破れなどが見当たらないためここが雨漏りの原因だと思われます。
セメント フレンチ 棟取り直し
 今回は少し多めに平部の瓦を捲ってルーフィングを広めに張り替えていきます。下地の野地板は腐食個所がごく僅かで既存のままでも問題ないと判断しました。
ルーフィングは二次防水になりますので瓦の隙間などから入ってきた雨水が屋内に入らないようにする最後の砦ともいえます。なので一枚でも問題はありませんが2枚張っていきます。

今回はここまでのご紹介になりますので次回続きをご紹介いたします。



                次回のブログはこちら

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

谷樋交換 セメント瓦

 小林市堤にてK様邸の谷樋交換を行った様子をご紹介いたします。谷樋は屋根の谷(流れの異なる面の取合い部分*折り紙の谷折りをイメージすると分かりやすい)に取付ける樋です。樋と言ってもよくイメージされる軒先の雨樋とは形状や材質も大きく異なり、谷...........

谷樋交換 セメント瓦

 小林市堤にてK様邸の谷樋交換を行った様子をご紹介いたします。谷樋は屋根の谷(流れの異なる面の取合い部分*折り紙の谷折りをイメージすると分かりやすい)に取付ける樋です。樋と言ってもよくイメージされる軒先の雨樋とは形状や材質も大きく異なり、谷...........

谷樋交換 セメント瓦

 小林市堤にてK様邸の谷樋交換を行った様子をご紹介いたします。谷樋は屋根の谷(流れの異なる面の取合い部分*折り紙の谷折りをイメージすると分かりやすい)に取付ける樋です。樋と言ってもよくイメージされる軒先の雨樋とは形状や材質も大きく異なり、谷...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん宮崎店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-920-015